専門俳人を目指しています。俳句評論執筆のための文章修練、及び俳句実作。厳しい批評をお待ちしております。

# 二十四節気俳句生活

# 赤坂句会

今日は赤坂句会だったが、その前に地元・成田山の「暁天(ぎょうてん)講座」に参加した。
朝5時半の朝護摩修行、6時半から熊倉功夫氏の和食に関する講演会、そして8時から朝粥をいただいてきた。
2018暁天講座 2018朝粥

赤坂句会では、女将の夏料理に出てきた箸置きの蟹
201807赤坂 201807蟹
を見た指導者の福田龍青先生が、「これで一句作ってみよう」と思い立たれれて席題句会。
食事の間に作句することとしたが、「まあ遊びだから」と気楽に作ることとして、料理とお喋りはいつもどおり楽しんだ。

細き脚にて箸支へをり夏料理

終了後、今日は靖国神社のお祭りで、赤坂からも近いので行こうとしたのだが、暑すぎて断念。
スポンサーサイト

# 成田句会

今日は成田句会だったが、「最近ブログ書いてないんじゃない?」と複数の方に指摘されてしまった。

「仕事が忙しくなった」とは前に書いたが、それでも毎晩夜中まで働いているわけではないし、今日も(水曜日のノー残業デーではあったが)18時には上がれて句会に参加できた。

なんというか、精神的な余裕がなくなり句が作れなくなり、作句が思うようにいかないとブログも書く気になれない(さすがにブログより作句が優先なので)という悪循環に陥っているのである。
そもそも、いつもは届いてから数日で通読する「俳句」誌や「天穹」誌ですら未だに読み切れていない。

今日は句会の成績も今ひとつであった。

来週の句会(天空会例会)にも出られないが、明日が投句締切なのにまだ半分も作れていない。6句投句の最後の1~2句が締切当日まで決まらないことはこれまでもよくあったが、さすがに今月は焦っている。

問題は、仕事の見通しが全く立っていないことである。数ヶ月後には落ち着くのか、まだまだ始まったばかりなのか・・・


道をしへ年上の部下にをそはるる

# 盛夏

7月に入り仕事が忙しくなり、更新がすっかり滞ってしまった。

早くも梅雨明けし、早すぎる台風シーズンにもなったかのようだが、私のところには先日の人間ドックの結果が届いた。

ダイエットの成果が現れ、肝機能、LDLコレステロール、中性脂肪、血糖値など、かなりの改善がみられ、糖尿病予備軍はとりあえず卒業できた。
しかし、これまでノーマークだった腎機能に問題が出てしまった。今回から検査項目に加わったe-GFRの数値が思いのほか悪く、ネットで見る限り慢性腎不全の初期と言っていいくらいのようである。言われてみれば、今まで気にも留めていなかったが、ここ数年、尿蛋白が(-)ではなく(±)となっていた。
近いうち再検査に行かねば。

若者に似合はぬ歩幅夏旺ん

# 新鋭俳句賞

俳人協会の「新鋭俳句賞」。今回が第2回で、応募資格は50歳未満。
伊藤麻美さんと涼野海音さんが受賞された第1回は募集を見逃していたので、今日、6月30日締切の今回が、私が応募できる最初で最後の回である。

昨日までに何とか30句をまとめ、今日見直して投函した。

気合を入れて、「ここぞ」という時のためにとっておいた「助六」の切手を貼った。
新鋭俳句賞

「俳句」誌の平成俳壇のハガキなどと一緒に投函した後、我孫子のお寺にある金子兜太句碑を見学した。
金子兜太句碑我孫子
梅咲いて庭中に青鮫が来ている

なぜここに句碑があるかというと、兜太はこの地に俳句の指導に来ていたとのこと。

それから、同じ我孫子市内の「旧村川別荘」にも行ってきた。
旧村川別荘

白樺派の小説にもよく出てくるが、大正以降、ここ我孫子は文人墨客が遊んだ地であり、ここは帝大教授の建てた別荘とのこと。

高台に手賀沼からの涼気かな
昨日梅雨明けした関東地方、今日はとても暑くなったが、いい風が抜けてきた。

# 千草句会

今日の千草句会の吟行地は、いつもの成田山なのだが、境内や公園ではなく、主に建物の中を案内していただき、御護摩に参列して精進料理を頂いてきた。

幹事の方の伝手で、普段入れない場所も特別に見学させていただき、しかも梅雨空だったのは偶々と仰っていたが、この時期だから雨の可能性も高いと踏んで、吟行地を選ばれたのだろう。

成田山の僧侶は俳句をされる方が多いとのことだが、今日ご案内下さった方もそうで、さすが吟行地の肝をわかっていらっしゃった。

まず、案内していただいたのは、
成田山虚子扁額
虚子の扁額「花鳥諷詠」であり、虚子の扁額では最も大きなものであるとのこと。
今はなくなってしまったが、かつては虚子一門の宿泊用に「虚子庵」なる建物が成田山にあったとのこと。

成田山行在所 行在所庭
明治天皇の行在所と庭。
明治14、15年というから、陛下がまだお若い30代前半の時に宿泊されて、庭に蛍を放たれて鑑賞されたとのこと。

201806成田山精進料理
成田山の精進料理。
私は何年か前に表千家の茶筅供養会でいただいて以来二度目である。
左上のステーキのようなものが、名物の「大浦ごぼう」。
藤原秀郷が平将門を討った時に、ごぼうを食べて出陣したとのことで、「勝ちごぼう」として縁起が良いとされる。

千葉県匝瑳市の大浦地区でしか育たないとされ、契約農家が成田山に納めるだけ栽培するとのこと。
大浦ごぼう
これを大釜で炊いて、輪切りにしたものが精進料理のメインとなる。

今でもかなり甘く煮てあるが、昔より甘さ控えめにしてあり、かつて甘いものが貴重だった頃は大変なご馳走であったとのこと。

御利益の精進料理目に青葉

別会場で句会を行ったが、成績は悪くなかった。

# 水論

今日は市の公民館の歴史講座を聴いてきた。
下総歴史講座
「江戸時代の村と百姓」と題して、古文書から読み取れる同時の村の様子を話してもらったが、江戸時代は村同士の訴訟が非常に多く、古文書が残っているところには、必ずと言っていいほど訴訟の文書が残っているとのこと。争いの内容は境界争いと水争い。水論である。生活がかかっているから真剣にならざるを得なかったとのこと。真理であろう。
今は「土地改良区」によって用水が整備されて、水論どころか役員選挙ですら投票になるとは聞かない。

水論の二村残るは一農家


夜は家族で回転寿司に行ったのだが、私がダイエット中なので、それ用のメニューのある「くら寿司」にした。
こんな「シャリぷち」という、シャリが半量のメニューがある。
こはだシャリぷち
これは小鰭。残念ながら季語は秋だ。

# 俳句四季 6月号 7月号

 

いつも句会でご一緒させていただいている大平政弘さんが、「俳句四季」の「四季吟詠」のコーナーで、6月号・7月号と連続で特選句に選ばれている。こんなことはなかなかないのではないか?

7月号の政弘さんのお隣りには、地元の千草句会でいつもご一緒させていただいている伊勢塙大さんが載っていた。

そして、6月号には「創生」代表で、「天穹」幹部でもある山口美智さんが大きく取り上げられていた。
先日の「天穹」夏の大会でもご一緒させていただいたが、いつも明るい笑顔の素敵な方である。

花夕べ子の恋人を客として  山口美智

初めて恋人を連れてきた景に読める。花見にかこつけて、子が会わせたのか、親から会わせろと言ったのか。
桜時の、なんとなく普段と違う落ち着かない雰囲気に上手く響き合わせている。


7月号では「俳句四季新人賞」の発表があった。私も応募したが最終候補には残らなかった。
受賞者は小山玄黙氏と板倉ケンタ氏。
この新人賞は「45歳以下」の他に「作句開始10年以内」であれば年齢制限はないので私にも応募資格はあったのだが、受賞のお二人はまだ二十歳前後である。


西瓜切り赤子に喪服なかりけり  小山玄黙

西瓜を切り分けて食べようという時に訃報が届いたのだろう。切られた西瓜は食べられないままに、葬儀の連絡などしていて、赤子には喪服がないことに気づくのだった。無論、着る必要もないのであるが。
大きな西瓜を切り分けて、食べ尽くすには時間がかかる。「少しの時間の経過」を上手く表現している。


ポインセチア値札を結ぶ金の紐  板倉ケンタ

細かいところをよく見ておられる。写生句であるが、何気ない日常の一コマを上手く捉えている。


どちらかといえば小山氏が伝統的、板倉氏が前衛的であり、対比も面白かった。

# 夏至

今日は夏至である。

ダイエットを始めてから、時々、いや偶に一駅前で降りて歩くようにしている。
3キロ足らずの道のりではあるが、いくつかのバリエーションルートはある。

このような道は、
夏至の道
日の永い今の季節しか通れない。

この道を抜けると、

夏至の道2
このような風情のある場所に出る。

今日は若干汗ばむ程度の気温であったが、梅雨が明けたら暑くて歩けまい。


夏至の日やいつも不平のカナダ人

# 天空会例会

今日は天空会例会だった。

句会は午後からなので、午前中は人間ドックに行ってきた。数年前から、この都内で句会のある日を人間ドックにあてている。

詳細な結果はまだ出てこないが、エコー検査では脂肪肝は改善していなかった。
もちろんダイエットは継続するが、これが会社だと「ドック終わったんだからいいじゃない」などと無理やりお酒を勧められたり、ダイエットをやめさせられたりするものだが、この会では句会終了後の反省会でも「霞童さんは子どもがまだ学校に行っているんだから健康には気をつけないと駄目だよ」などと言って頂けるので有り難い。

帰りは、昨年は風邪で断念した船橋競馬のナイターに行ってみた。
予備知識ゼロで行ったのだが、今日はなんと藤田菜七子が来ていた。
藤田菜七子船橋
「ヤングジョッキーシリーズ」の予選が行われていたとのこと。

競馬は季語でいえば「ダービー」の他に「加茂の競馬」があるが、旧暦でいえば今日は5月6日、かつての加茂の競馬は今くらいの時期に行われていたということである。

そういえば、今日の句会で「桜桃忌」の句もあったが、歳時記を見ると、太宰が入水した6月13日、という事になっているが、遺体が見つかったのは6月19日で、その日は誕生日であったこともあり、菩提寺ではこちらで「桜桃忌」を修しているとのこと。

# 月例吟行会

今日は天穹本部主催の月例吟行会があった。

吟行地は「奥の細道・矢立の地」である千住
「千住論争」のある足立区、荒川区の両方が対象である。

私は京成線利用者なので、千住大橋駅で降りて足立区側から。
足立区千住
こちらの足立区側には以前も来たことがある

隅田川に架かる大橋を渡って、始めて来る荒川区側。
南千住句碑
素盞雄神社の芭蕉句碑。

「俳句」6月号のカラー口絵で、対馬康子さんと、この素盞雄神社が紹介されていたが、対馬氏は「荒川区俳句のまち宣言」の起草委員会委員長をされたらしい。なるほど。
荒川区南千住

本殿前には早くも茅の輪が出来ていました。
スサノオ神社

元ベルギー首相、EU初代大統領(この表現はいかがなものか。「欧州理事会議長」である。潘基文氏が国連事務総長をやられていた時に、韓国人が「世界大統領」と呼んでいたようなものである)であるヘルマン・ファン・ロンパイ氏の色紙(の画像)も飾られていた。
ロンバイ英語俳句
Who looks at the sun the sea the stars love peace
陽を海を星を見る者和を愛す


素盞雄神社のお隣りの荒川ふるさと文化館には、金子兜太の句碑があった。
昨年3月建立と、まだ新しい。
荒川兜太句碑
荒川千住芭蕉主従に花の春

もう一度、千住大橋を渡って旧千住宿へ。
すべてが吟行地というわけではなかったが、せっかく来たのでいろいろ見て回った。

観光案内所で、「北千住にも茅の輪がある」と聞いたので、千住本氷川神社へ。
千住本氷川神社
同じ日に別々の神社の茅の輪を潜ってもいいのかと少し心配になったが、こちらも御祭神は同じ素盞雄命なので、まあいいでしょう。

南と北、荒川区と足立区の両方の「千住」をゆっくり見てみて、芭蕉がどちらに降り立ったかは、新資料でも発見されない限り論争に決着は着かないのでしょうが、なんとなく、荒川区側が必死で、足立区側は余裕あり、に見えました。


さて、句会の方は、どうしてもお伝えしなければならないことが一つ。
今日はなんと、結社本部主催の句会で初めて、主宰の「天」をいただくことが出来ました!

# プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

# ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!

# 最新記事

# カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 初心者向け基本書籍

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR