専門俳人を目指しています。俳句評論執筆のための文章修練、及び俳句実作。厳しい批評をお待ちしております。

# 二十四節気俳句生活

# 夏の家族旅行

ブログ更新がしばらく止まってしまいましたが、家族旅行に行っていました。
行き先は山梨・静岡。


7月21日(金)
今年は思い切って夏休み初日から旅行。
8月11日に娘のピアノの発表会、8月下旬は文化祭の準備などがあり、早めに行くことにしました。

初日は、まず山梨市でもも狩り。
もも狩り
5個も食べちゃいました。

富士急
続いて富士急ハイランド。
リニューアルした(そしてすぐにトラブルが発生した)「ド・ドドンパ」や写真の「FUJIYAMA」には子供たちは怖がって乗らず、水に濡れるような夏らしいアトラクションを楽しんでいました。

汗に濡れ冷や汗に濡れ遊園地

泊まりは河口湖。


7月22日(土)

朝霧高原でソフトクリームを食べ、白糸の滝へ。
白糸

最近日本でも導入されつつある、英国圏ではおなじみの交差点・ラウンドアバウト。
ラウンドアバウト
白糸の滝への入り口がこうなっていました。
大都会でなければ、信号の設置・維持管理費がかからずに良いかも知れません。

2泊目は、来年の下見というわけでもありませんが、
つま恋
つま恋リゾートに泊まりました。

かつて中島みゆきや世良公則を輩出した「ヤマハポピュラーコンテスト(ポプコン)」の開催地だったこともあり、ヤマハの印象が強いのですが、今年から経営が代わったそうです。
それでもレストランでは、ヤマハのピアノが自動演奏されていました。

ここに泊まった目的は大きなプール。子供たちは、4種類のスライダーで計10回以上滑り、大満足した模様。

恋人らの居場所の狭きプールかな


7月23日(日)

旅行最終日は沼津へ。漁港は大変な人出。

沼津港深海魚水族館も、激混みでした。
沼水

それでもせっかく来たんだからと、列に並んで回転寿司を食べました。これは美味しかった!

旅の最後は柿田川公園(柿田川湧水群)。
柿田川
人出はそこそこでしたが、ほとんどが県内ナンバー。
未だ隠れた穴場のようです。

ペットボトルに名水を詰め込んで帰路へ。

旅程を通して、富士山は殆ど見られませんでした。
天気が良ければ、「三島スカイウォーク」から富士山を見るつもりだったのですが。

雪解富士けふの登山者何ヶ国
スポンサーサイト

# 「みさと」 第8号

地元の文芸同人誌、「みさと」の最新号をいただいた。


顔のわかる方が何人かおられるので、その方々の作品の感想を書かせていただく。

「我が山歌考(三)」  行方正暉
山歌に合わせて、アルピニスト時代の山行記録を記しているシリーズ。
今回遂に、遭難救助や「一ノ倉沢第三スラブ」の冬期登攀など「核心」に迫る部分を読むことができた。

「続・旅で出会ったイタリア人」  とうげのぼる
イタリア旅行の著書もある作者の本領発揮。
観光地化されていないイタリアの町と、そこに暮らす人々との触れ合いが慣れた筆致で描かれている。

「笑う人形」  五十嵐丈彦
毎回、詳細な調査のもとにリアリティのある物語を創作されている。
今回はベトナム戦争のアメリカ軍に傭兵として雇われた日本人の話。任務を遂行するためジャングルの奥地に進む姿は『地獄の黙示録』を思い起こしたし、ガラッと展開の変わる後半もよかった。次回作にも期待したい。

「尾垂れ浜」  松尾寅吉
京都生まれで、成田空港に奉職された著者。
やはり京都から、将門の乱を平定するため成田にやってきたお不動様の旅と、自らの人生を重ね合わされているようである。


丈彦氏と寅吉氏は俳句も嗜まれてて、句も掲載されている。

猿の尻雪落としつつ木から木へ  丈彦

実景とのこと。なかなか壮観な眺めであったと思われます。

ひと回りパークゴルフや緑陰へ  寅吉

成田近辺はパークゴルフ場が多く、主に高齢者の手軽なレジャーとして年々盛んになっています。

# 株主総会 聖地巡礼

この時期になると株主総会の通知が各社から届く。

私の在籍している会社も将来は上場を目指しているので、勉強のために他者の株総を見ておくことは有意義と考えているが、この時期は何かと忙しく、何年も前に一度、某小売会社の株主総会に出席したきりである。
この時は確か商品券か何か貰って得をした気になったが、去年あたりから「株主様へのお土産は今年度より廃止いたします」と断りが入ることが多くなった。こういうのは株主優待と同じで日本独自の風習だったのか? この分では優待もそのうち無くなりそうだ。
お土産がなくなったのは残念だが、今年は、たまたま今日休みが取れたので、某金融機関の株主総会に出席してみることに。
この会社を選んだ理由は、「株主提案」の議題があったからである。
総会屋がいなくなってからか、最近たまに「一部の株主さまによる提案」などといって、無理難題をふっかけていることがある。
今日参加した株主総会は株主提案が17もあり、面白そうだと思ったのである。
DSC_0934会場
会場の東京国際フォーラム。
ここに来たのは十数年前に某外タレのコンサートに来て以来である。

DSC_0935株総
かなりの人が集まっていた。
年齢層は句会と同じような構成。
しかし男女比は句会と違い圧倒的に男性社会。これほどとは思わなかった。

株主提案、訳の分からないことを言い出す人などがいてそれなりに面白かった。総会屋時代の総会はどんな感じだったのだろう。
2時間20分ほどで終了。
タダで見られる(交通費は掛かるが)ことを考えると、つまらない映画を見るよりも面白い見世物である。
来年以降も出席できる時には出席してみよう。

私の会社も、来週、株主総会がある。一ヶ月ほど前から、社内で休憩時間などの話題は役員人事の噂や予想などが活発であり、私もサラリーマンであるから一応、興味のあるフリをして話に加わっていたが、実は全く興味はない(笑)。


せっかく上京したので、かねてより計画していた『言の葉の庭』の聖地巡礼に新宿御苑に行ってみた。
これは新海誠が、かの『君の名は。』の前に作った作品であり、梅雨の時期、雨の日に新宿御苑で心に傷を追った女性と学校をサボった男子高校生が出会う。

DSC_0936千駄ヶ谷
千駄ヶ谷駅から御苑に向かう、中央線を潜るトンネル。

DSC_0937千口
御苑千駄ヶ谷口、ヒロインはこちらから。
DSC_0941新口
新宿口。主人公はこちらから御苑に入る。

DSC_0938四阿
二人が出会い、雨の中滞在する東屋。

『言の葉の庭』を知ってか知らずか、外国人のカップルが占領していた。
「どいてくれ」と目で訴え、周りをウロウロしていたがガン無視されたので、仕方なく少し離れて撮影。
四阿にいつまでもゐる昼寝かな

DSC_0939台湾
東屋付近から見える風景。

DSC_0945ドコタワ
新海作品に度々登場する、ドコモタワー。

DSC_0946六中
主人公の通っている高校のモデル。
一部の都立高のOBには「府立◯中」と言ってあげると喜ばれるので、「十中」の西高くらいまで覚えている。ここは「府立六中」。
この学校は『君の名は。』の瀧くんが通う学校のモデルの一部でもある。

瀧くんといえば、アルバイト先のレストランも、新宿御苑に隣接してある。
DSC_0943バイト
外観だけでなく、内装も、調度も、従業員の制服まで『君の名は。』のまま。
DSC_0942ピザ
映画ではチンピラが楊枝を刺して絡むピッツァ。
場所があまり良くないせい(?)か、コストパフォーマンスは良好。

新宿御苑に来たのも初めてだったが、この御苑の「新宿口」近辺はいわゆる「新宿二丁目」というところではないか?
昼間に来たせいか、初めて近づいた悪名高い(?)「ゲイの街」はもっとオドロオドロしい場所かと思っていたが、全然そうは感じなかった。

# パソコン修理

故障して放置してあったパソコンを修理した。

調子が悪いながら騙し騙し使っていた当時のパソコンがどうにもならなくなったのは、ちょうど句会が近づいて句稿整理をしなければならない時期で、修理に出している時間的余裕がなく、急遽低スペック(celeron)機を購入し急場をしのいで、そのうち治そう治そうと思っているうちに早2年。

中学2年の息子がプログラミングを覚えたいというので、やっと重い腰を上げて修理をすることに。

サポートセンターに問い合わせてメールで何度かやり取りして原因を特定し、部品(HDDの不良でした)を取り寄せて(ここまで比較的スムーズに運んで約2週間)、交換しました!

DSC_0930.jpg
宅配で送られてきた部品、

DSC_0931交換前
パソコンの裏ぶたを開けて、

DSC_0932交換後
交換(真ん中の色が変わっているのわかります?)。

DSC_0933.jpg
約2年ぶりに起動!

今の時代の子供たち、ITに強くなければ話にならない。プログラミングに興味を持つのは大いに結構。

数年後、息子が「私設・無料サポートセンター」と化してくれていることに期待(!?)。

# 関西旅行記⑤おまけ 聖地巡礼(その2)

昨日の続き。

DSC_0923.jpg
二回目のデートで二人が出会う一本橋。
映画に出てくるのは同じ白川をもう少し下って祇園に近い方の橋、なのかな?

DSC_0887.jpg
「抹茶ロール正解!」の喫茶店。
小説ではこの伏見桃山駅近くの店だが、映画では西陣の方。

DSC_0896.jpg
最終日(別れの日)、宝ヶ池の東屋から京都国際会館をバックに写真を撮って、涙の別れ。

これ以降は映画の方の聖地。
DSC_0949.jpg
観光客でいっぱいの伏見稲荷。
京都には何度も来ているがここ伏見稲荷は実は初めて。でもこれで有名観光地は制覇した、かな?

DSC_0950.jpg
『ぼく明日』とは関係ないが、梨田監督の奉納鳥居を発見。

ここで一句。
千本の鳥居の値段夕薄暑


DSC_0889.jpg
鴨川デルタの飛び石。
近年、京都を代表する場所(観光地とは少し違うが)になりつつある。特に京都を舞台とした作品にはよく出てくる。
個人的には、いずれも京都アニメーション制作の『けいおん』『たまこまーけっと』が印象的であった。

『たまこまーけっと』といえば、ここのすぐ近くの、
DSC_0891.jpg
出町柳桝形商店街。観光地化された新京極や錦小路と違い、地元の人しか来ないような商店街である。

DSC_0892.jpg
映画の方の別れのシーンはここ、宝ヶ池駅に戻る。
二人が座っていた席には主演の二人、福士蒼汰と小松菜奈のサイン。


(以上、ここまで)

やっぱり京都はいいな~。
今回、帰りは関空から成田行きのLCCだったが、行きは成田から京都まで夜行バスを使った。
年に一度くらい、行き帰り夜行バスで、0泊で京都に来るのもいいかも。
次は季語でいえば「顔見世」といきたいところだが、南座の耐震工事は工期が未だ見えないらしい。

# プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年、俳句結社「天穹」入会。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

# ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!

# 最新記事

# カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 初心者向け基本書籍

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR