専門俳人を目指しています。俳句評論執筆のための文章修練、及び俳句実作。厳しい批評をお待ちしております。

# 二十四節気俳句生活

# お休み

私の勤めている会社では、年に一度、七日以上の連続休暇の取得が推奨されている。
土日を含めて七日以上の連続休暇を計画し、有休2日以上消化すると特別休暇が2日もらえるシステムである。

ここ数年、子供と休みの予定が合わずに取得できずにいたが、今年はいいことを考えた。
昨年から、結社の全国大会が5月末に行われているので、それと、角川俳句賞の句稿作成、さらにはせっかく関西に行くので観光も組み合わせて明日から一週間休みをとらせて貰うことにしたのだ。

今回の七日間の予定はこんな感じ。
葵祭は終わってしまったが、同じく季題となっている「鴨川をどり」と「楠公祭」は見に行く予定である。

24日(水) 京都(鴨川をどり など)
25日(木) 神戸(楠公祭 など)、京都
26日(金) 「天穹」夏の全国大会(大阪)
27日(土)   〃
28日(日) 角川俳句賞 句稿作成
29日(月)   〃
30日(火)   〃

そして、出社する31日の応募締切日に投函する。スケジューリングだけは完璧、である。
スポンサーサイト

# 夏の風邪、その後

夏風邪は1日会社を休んで今日から出社。

未だ体調は今ひとつである。

そのこととは関係がないのだが、そろそろ「角川俳句賞」の句稿整理のため、ブログ更新は少しペースダウンしてします。

# 「俳句界」5月号

遅ればせながら「俳句界」5月号を買ってきた。



250号の記念号となっている。
俳人や、俳人ではない著名人の歴代グラビアの特集やお祝いの文章などが並んでいる。論考なども面白そうだ。
中身は後でじっくり読むとして、今月号には「セレクション結社」として「天穹」が大きく取り上げられている。結社創立20周年に嬉しいことである。主宰ほか主要同人の句が掲載されているが、もちろん私は載っていない。

# 「天穹」5月号

「天穹」5月号が届いた。

掲載順位はまずまずだったが、嬉しいことがあった。

同人になっていない会員を対象とした「蛍雪集」という兼題の投句欄があり、ここは有力同人の方が持ち回りで選句して下さるのだが、今月号の「燕」という兼題で巻頭にしていただけた。
選者の方とはお話させていただいたことは多分ないので、今月下旬の全国大会にお出でになられたら御礼を申し上げなくては。

つばくらめジャンヌ・ダルクの火刑像

フランスでも燕を見かけます。街中では日本以上かも。ジャンヌ・ダルクの火あぶりの像のあるルーアンにもいました。

# 「俳句」5月号



先月くらいから、また発売日前に届くようになった。

今月の記事で面白かったのは筑紫磐井氏の記事「俳壇論争の中心にいた草田男」であった。発売日前なので詳しくは書けないが。

「平成俳壇」に私の句は残念ながら掲載されなかったが、友達の奥さんと同姓同名を見つけた。本人かどうか聞いてみよう。

# プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年、俳句結社「天穹」入会。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

# ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!

# 最新記事

# カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 初心者向け基本書籍

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR