専門俳人を目指しています。俳句評論執筆のための文章修練、及び俳句実作。厳しい批評をお待ちしております。

# 二十四節気俳句生活

# 黄金週間

ゴールデン・ウィーク、どこにも行かないのも寂しいので、日帰りで銚子に行ってみた。

ちょっと甘く見すぎていた。
目当てのレストランは12時前で既に大行列、主要道路はどこも渋滞、写真の犬吠埼灯台はバルコニーに人が溢れていた。
DSC_0848.jpg

磯遊びと買い物だけ少しして早々引き上げた。

春惜む潮の香りの未だ淡く
スポンサーサイト

# 炉塞

4月最後のお稽古。炉塞である。

会社の茶道部でお茶を嗜んでいるのだが、鉄筋コンクリートのビルの中なので、もちろん炭など使えない。(一酸化中毒になる)
DSC_0826.jpg
電気炉を使うが、これがなかなかよく出来ている。
コードが下に仕込まれていてスッキリしているし、
DSC_0827.jpg
こんな風に、練香を仕込む場所もあるのだ。

部員数も活動内容も低調なのが残念である。

掛物は陶淵明ぞ炉の名残

# 桜蘂降る

今週末、少し遅めの花見をしようと思ったが、金曜まで残っていた花は、週末の高温と強風ですっかり散ってしまった。

土曜日は花吹雪が見られたかも知れないが、
DSC_0803.jpg
日曜はご覧の通り桜蕊降るになっていた。
写真は近所の公園だが、気の早い鯉のぼりが泳いでいる。

# 初ナイター

まだ春だが、夏の季語のナイターに行ってきた。
DSC_0774.jpg

今年のマリーンズは、オープン戦の好調が嘘のように、シーズンが開幕してから負け続けている。

でも今日はいい試合をしてくれた。
勝ちパターンだったが、9回表にメヒアに特大の逆転場外ホームランを打たれてやられた。


さて、今日はちょっと気づいて新たな試みをやってみた。

野球観戦で、チケット代、交通費は最低限かかる費用で、これだけは免れない。
そして馬鹿にならないのは球場内での飲食代である。
たいして旨くもない弁当が、球場ではドリンクとセットにしたら1000円以上になる。小腹が空いてスナックと、ビールなど追加したら2000円を越えてしまう。
会社帰りに球場に急行するので無論、途中で食べている時間はない。

今日は、節約のためコンビニでおにぎりなど買い込んで球場入りした。飲み物込みで500円ほどで済んだ。
今後はこれで行こう!
飲み物は、もちろん缶やペットボトルは持ち込めないのでパックのジュースである。

永き日や照明要らぬ始球式

始球式は来月彦三郎を襲名予定の坂東亀三郎。先月は『助六』で通人を演じていた。
しかし、襲名公演は先代の市村羽左衛門十七回忌と銘打たれているが、結局羽左衛門はまだ誰も襲名しないのか。
現・彦三郎は羽左衛門ではなく楽善という俳名を襲名するらしい。やはり萬次郎が羽左衛門なのか?

# 春の雪

今朝は季節外れの雪が降った。桜の開花後なので、桜隠しともいう。

そういえば7年前だったか、4月中旬に雪が降ったこともあった。

私はこの時期の雪は、あだち充の漫画、『陽あたり良好!』を思い出す。


ドラマ化され、あだち充をブレイクさせた作品である。
(かの『タッチ』は本作の連載終了直後に連載を開始している)

この漫画、高校が舞台の典型的な「ボーイ・ミーツ・ガール」の物語で、高校入学前の3月下旬から物語が始まるのだが、連載の開始が正月だったため、作中で季節外れの大雪を降らせて、「読者が正月に読もうが3月から話が始まる」と作中で季節の合わない言い訳をしている。


下駄箱を引つくり返す春の雪

# プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年、俳句結社「天穹」入会。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

# ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!

# 最新記事

# カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 初心者向け基本書籍

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR