FC2ブログ

残暑

8/10~12と、関西方面に旅行してきた。

8月10日(土)
午前中の便で成田から関空へ。
関空からは神戸に船で渡った。
昼食は南京町で飲茶。
神戸市内のホテルにチェックインして市内観光。
夕食はハーバーランドで神戸牛。
1908神戸夜景

タクシーで登る残暑の異人街


8月11日(日・山の日)
子供たちにとって今回の旅行最大の楽しみであった、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ。
1908USJ
2回目だが、6年前の前回は子供たちがまだ小さく、絶叫マシンには乗れなかったが、今回は絶叫系を中心に、Eパス(有料のファストパス)やスタンバイ(並んで)で十分に堪能できた。
暑かったが(大阪市の当日の最高気温36.7℃)、そのせいか「激混み」というわけでもなかった。

とんぼうの停まるジョーズの尻尾かな
ホグワーツを見下ろし燕帰りけり



8月12日(月・振替休日)
ホテルをチェックアウトし、
1908姫路城 1908天文科学館 1908明石橋
姫路城、明石市天文科学館、明石海峡大橋を回った。
天文科学館では、東経135°の「日本標準子午線」を見てきた。

1908明石焼
お昼は明石焼(玉子焼)!

夕方までゆっくりして、夜の便で成田へ。十分堪能できた3日間であった。

秋の風砂巻き上がる姫路城
スポンサーサイト



土用入

1907カレンダー

俳人協会のカレンダーを見ると、20日の欄に「土用丑の日」と書かれてある。

早速妻に「今日は土用丑だから鰻にして!(ふるさと納税の返礼品が冷凍されていたはず)」と言ったら、「丑の日は来週27日じゃない?」とのこと。
「へ? だってここに」
「え?」

調べたら、今日20日は「土用入」、丑の日はやはり来週27日でした。

俳人協会も間違えることあるんだな、、、どこかに訂正が載っていたのかも知れないが、気がつかなかった。

明易し

篠突く雨の中、成田山新勝寺の「暁天講座」に行ってきた。

1907暁天講座

私の年齢と同じで、今年で五十回だそうであるが、私は昨年に続いて2回目の参加である。

今日の講師は田中ひろみ先生。成田山のHPにある、仏像塗り絵の作者である。
講座のテーマが「仏像の見方」だったので、どうしても聞きたくて雨の中4時に起きて行ったが、行った甲斐があった。

終了後、今年も朝粥のお接待をいただいた。
1907朝粥

明やすの雨の暁天講座かな

夏館

成田から車を飛ばして1時間、「旧取手取手本陣染野家住宅」に行ってみた。

1907取手本陣21907取手本陣1

大きな茅葺屋根に雨戸・障子を開け放ち、夏館の風情である。

取手宿は水戸街道20宿の一つ、水戸光圀が藩主の時代にここ染谷家が陣屋に指定されたとのこと。
この建物は18世紀末の建築であるので黄門様が使用したことはないが、徳川慶喜などは使用した。

1907取手本陣3

大名が宿泊した上段の間は一段高くなった十畳敷。

1907取手本陣4

床が随分と高いのは、利根川が近いので水害に備えてのことかと思ったが(それもあるだろうが)従者が潜って警備するためのであるそうだ。

夏館利根の川風通りけり

会社帰りに成田祇園祭に行った。
かつては7月7~9日と日にちで決まっていたが、何時頃からだったか、金土日の3日間になった。

私は自他とも認める「祭オンチ」で、祭というものには行くことも参加することも興味もない(お酒も飲まないし)のだが、この地元の祭だけは子供が行きたがるので連れて行くことも多い。

今年は来週の成田句会で「祭」が兼題で出ているので、週末の予定は未定だが、珍しく句を作るために一人で行ってみた。

1907祇園祭

人がすごくて雑踏で句など作れないかと思ったが、歩が進まない分、立ち止まって作句も出来た。

何句か作り、兼題で出す句は後で選ぶとして雑踏から抜け出したら、見事な夕焼。

1907大夕焼

「夕焼」は再来週の天空会例会の兼題である。

買ひ食ひに夢中大夕焼見逃す子
プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
初心者向け基本書籍
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR