専門俳人を目指しています。俳句評論執筆のための文章修練、及び俳句実作。厳しい批評をお待ちしております。

# 二十四節気俳句生活

# 俳句とゴルフ

枯芝や転がる距離は有難し

これは4年前、「天穹」に入会して初めて投句したうちの一句である。当然ボツであった。

今添削するとしたらこんな感じか。
ドライバーの転がり長し芝枯るる
これも形容詞が入っているから駄目だな。



ゴルフも俳句も、すぐには上達せず、上達するためには不断の努力が必要なことは同じである。

さて、ゴルフはグリップからスタンス、スイングを教えてもらい、真っ直ぐ打てるようになるまで数ヶ月。俳句で言えば季語を覚えて切れ字の使い方、旧かな、文語文法の使い方を習って句会や吟行にも慣れるあたり。そして順調にいけば数年でアベレージゴルファー、やる気と才能のある人はシングルプレイヤーとなり、更にその上にはプロテスト合格、トーナメント参加、シード選手、そしてグランドスラマーへと進む登山ルートが敷かれている。
「角川俳句賞」などの新人賞は「プロテスト合格」か「シード獲得」か。メジャータイトルは「蛇笏賞」など。
私は「将来専門俳人になる」ことを目標に定めているので、目指すはトーナメントプロ。シード選手までは欲張るまい。
現在の私は、なんとかアベレージゴルファーにはなれたかな、といったところである。少なくとも「趣味は俳句です」と自信を持って言える。しかし、数年でシングルになるプレイヤーはいる。不断の努力で常に高みを目指していきたい。


ちなみに、ゴルフの方は、、、前にも書いたが15年やって100を切れなかった。俳句のほうがまだ才能はありそうだ。
スポンサーサイト

# 授業参観

下の子(小4)の授業参観に行ってきた。
上の子(中2)にも授業参観はあるが、平日なので、行けるのは基本、下の子の時だけである。

「教えるのは学年が下がるほど難しい」とは全くそのとおりで、今日は算数の虫食い算の文章問題を丁寧に教えてくれていた。

私が気になるのは、やはり児童たちの俳句作品である。

まずは娘の作品。
俳句どんぐり
この句は以前、本人からから教えてもらっていた。
確か、
どんぐりや上からポロポロ落ちてくる
といかいう原句を、先生に
どんぐりや上からポロポロ落ちにけり
と直していただいたようだが、残念ながら「や・けり」になってしまっている。
中八も子どもらしいと言えば子どもらしいが、少し気になるので、私が添削するとしたら、
どんぐりの上からぽろろ落ちにけり
くらいかなぁ。

本日の鈴木霞童選の「天」はこの句。
俳句うさぎ
おいしいな兎がつくるだんごわな

秋の一句」というタイトルの割に冬の季語(兎)だが、これは宮沢賢治の「雪渡り」の中の印象的な一節、
きつねこんこんきつねの子、きつねの団子はうさのくそ」を踏まえていると思われる。
驚いたのは、作者が、一学期の6月の授業参観で私が「天」に選んだ作者と同じ子だったということである。
天穹」にスカウトしたい!

# 高校ランキング


3月から4月にかけてサンデー毎日などでランキングされていた高校別の大学合格者数の発表もそろそろ一段落。
もはや母校の合格実績などには興味はなく、子供の進路の参考としている。

さて、世に学力の高い生徒の集まる学校があれば、美人の集まる学校もあるわけで、独断でミニランキングを作成してみた。

   ↓

   ↓

   ↓


第3位 千葉東 (千葉)
近年急上昇中の新鋭。地元では進学校で有名だったが最近はこちらである。
桐谷美玲 と 小島瑠璃子 を輩出している。
kiritani.jpg  こじるり
この二人は意外と年が離れていて4歳違い。同時に在籍はしていなかった。


第2位 久留米信愛女学院 (福岡)
久留米といえば、孫正義とホリエモンが同窓の久留米大附設が有名だが、こちらのラインナップも優るとも劣らず。
松田聖子(アイドル時代の写真はネット上には少ない) と 吉田羊
seiko.jpg  yoshida.jpg
もう一人若手が加われば1位の座も窺える。


第1位 常葉大附属常葉 (静岡)
常葉学園」として知られていたが、今年、校名が変更されたとのこと。
ピンクレディーのお二人 と 酒井美紀
pinklady.jpg  sakai.jpg
それからミスユニバース世界大会優勝の森理世
mori.jpg ジャンル、タイプ、年代とバラエティに富んでおり、最強。


狭いようで広い日本、他にもあると思いますので教えて下さい。
次点は、個人的には与謝野晶子と沢口靖子の母校である泉陽(大阪)。美人ではないが橋田壽賀子もOGである。

# 実績のない俳句勧誘法

どの結社もそうだろうが、我らが「天穹」も新規会員絶賛募集中である。

若手の一人である私も、新規会員、特に若い人の勧誘が期待されている。

成功した試しはないのだが、独身者には「結婚できるかもよ」と誘っている。(それが、「大きなお世話だ」と敬遠されているのかも知れないが。)

でも、これは理論的には正しいはずなのだ。
かつてほとんどの人が結婚していた時代の男女は恋愛能力が高かったかといえば、全くそんなことはない。
周りの人がお膳立てしてくれたわけである。
現代でもその方向に持っていくことはできる。
自分で探すとしたら、出会いは「独身の異性」だけが対象で、周りにそんな人がいなければ、まさに「出会いがない」ことになるが、「出会った人の先」に相手がいると思えば周りにいる人は独身・既婚、異性・同性を問わない。

そして俳句をやっていらっしゃる方は、私のような「貧乏暇なし」は珍しい方で、時間的にも経済的にも余裕があり、人生経験豊富で友人・知人に恵まれ、俳句以外の趣味も多彩な方が多い。そして句会には多人数が集まる。
そんな席で、「婚活中なので良い人いたら紹介して下さい」とでも言えば、芋づる式にどんどん相手候補が見つかるのではないかと思うが、如何。

# WBC

俳句ブログなのだが、WBCについては何度か書いているので終戦の今宵も。
敗戦のA級戦犯が誰かなんて書くつもりはないが、私は昼休みの一時間見ただけだったがいい試合だった。

日本チームの戦い方は、今センバツをやっている甲子園と同じように、「投手を中心とした守りの野球」である。
「スモールベースボール」は今回のような国際大会での戦い方として世界の強豪も取り入れてきているが、日本が世界一を奪還するための戦い方は「守りの野球」だった。
ただ、いくら守りの堅いチームであっても、人がやっている以上はミスは出る。今回はたまたまそれがコインの裏表のようにアメリカに当たりが出たということ。

次回(あるのか?)こそ、アメリカと決勝で戦いたい!

# プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年、俳句結社「天穹」入会。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

# ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!

# 最新記事

# カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 初心者向け基本書籍

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR