FC2ブログ

天空会例会

今日は天空会例会だった。

今日は何とをいただけた。

は同じ方だったが、「はて?」と気になって前月の結果を見てみたら、やはり今月と同じ方がであった。とても熱心な方であるが、脱帽、である。

家に帰ったら、当日欠席になってしまった同人句会の結果が届いていた。
前回は無声だったので気合を入れて作句したら、無声は免れたが成績は低調。同人のみに参加資格のある句会なので成績は仕方がないとは言える。

私はアベレージヒッターよりも、「打率は低くてもたまに大ホームラン」を目指している(将来、句集を纏めるときのために)ので、点盛りは気にしないようにしているのだが、それでも無声になった句会の「次」はどうしても気になってしまう。
今月は成田句会が無声だった。小心者なので早速来月の兼題句に真剣に取り組んでいる。
スポンサーサイト



月例吟行会

9月の「天穹」本部主催の月例吟行会の会場は杉並大宮八幡宮
1909大宮1 1909大宮2
私も含めて「初めて来た」という人が多かったが、都心近くの割に緑の多い境内で、「別天地」の趣であった。

ちょうど秋のお祭りの日で、
1909舞楽
舞楽など鑑賞することができた。

1909菊の綿
それからこれは、季語で言うところの「菊の着綿」。
「面白いものがあるな~」と見ていたが、季語とは知らず、一句モノにすることはできなかった。

写真ではわかりにくいかも知れないが、花の上に綿を載せて、香りを写し取っている。

全くもって不勉強の限りだが、源氏物語にも出てくるという。
幻「九月になりて九日綿おほひたる菊をご覧じて『もろともにおきゐし菊の朝露もひとり袂にかかる秋かな』」

1909へそ福餅
その菊の綿を見ながらいただいたのが名物「へそ福餅」。ここ大宮八幡は「東京のへそ」とされているそうである。

句碑は阿波野青畝のものがあった。
1909青畝句碑
広き野に霊(たま)の清水のあるところ 青畝

文字といい、石といい、背景の竹林といい、とても存在感の大きな句碑であった。

私は、句碑の裏の竹林と近くの御神水を

御神水吸い上げすくと竹の春

と詠んで出句したが、点は入らなかった。
その他の句には点を入れていただけた。

句会場は下北沢だった。
学生時代以来、数十年ぶりに降り立ったが、相変わらず若者が多い。特に何があるというわけでもないのに不思議な街である。

赤坂句会

今日は赤坂句会だった。

1909赤坂1 1909赤坂2
とろろ、いくら、秋茄子などが秋季。

この会でも何度か聞いていたが、指導者の福田龍青先生が主に「天穹」の会員向けに書かれた著作の完成が近いという話を聞いた。


句会の前に、今日は赤坂から一駅先の乃木坂の国立新美術館に久しぶりで行ってみた。

1909読売書法展
書道教室の先生から招待券を頂いたのである。

1909宮原先生
我が師、宮原真玄先生の作品は入口近くの目立つ場所に掲げられていた。

題材は、「令和」の由来となった万葉集「梅花の宴」の序文であった。
おそらく元号が決まってから題材を決められたのだと思うが、もしかしたら偶然? 次回お会いする時に聞いてみよう。

天空会例会

天空会例会があった。

兼題のうちの一つが「秋の蟬」。

『角川俳句大歳時記』にときどき句座を共にさせていただいている方の句が例句として掲載されていた。

秋蝉の鈴一千の振りをさめ  阿部栄子


それから、句会後の懇親会で前主宰から、『俳句』9月号の「令和俳壇」で拙句が佳作に入っていたことをご指摘いただいた。

手の届くところを少し袋掛

この句が岩岡中正先生、山田佳乃先生、小林貴子先生の佳作に入っていたことには気づいていたが、

初恋の君の亭主と溝浚へ

この句が朝妻力先生の佳作に入れていただいていたことには気づかなかった。

目を皿にして見たつもりだが、見落としていて、さらに前主宰からの質問にもトンチンカンな答えをしてしまった。

同人句会、千草句会欠席

8/25は成田の吟行句会「千草句会」だったが、「天穹」本部主催の「同人句会」があったため欠席、そしてその同人句会も欠席となってしまった。

午前中に用があり、早めに終われば途中から同人句会にも出られるかと思っていたのだが、2時過ぎまでかかってしまい、お休みせざるを得なかった。(連絡先がわからなかったので連絡しなくてすみません)


干拓地は大事にされず稲を刈る

私の住む地域では稲刈りが始まった。
今年は当初の冷夏の影響で稲刈りの時期が遅く、コシヒカリはまだで、早稲の品種、千葉では「ふさおとめ」が一般的である。刈田がモザイクのように広がっているが、「ふさおとめ」が植えられているのは広々とした干拓地などに多く、「上田」とされている谷津田のあまり狭くなっていないところは決まってコシヒカリが植えられている。
残念なことに、昨今はそんな上田にも休耕地が増えている。
プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
初心者向け基本書籍
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR