専門俳人を目指しています。俳句評論執筆のための文章修練、及び俳句実作。厳しい批評をお待ちしております。

# 二十四節気俳句生活

# 天空会例会100回記念吟行会

「天穹」内の私の所属している句会、「天空会」の例会が第100回を迎えた。
佐々木建成主宰が、主宰になられた直後に、元の職場の関係者に俳句の面白さを伝えるために開催されていたインターネット句会を母体として発足した句会であるとのこと。私は55回から参加させていただいている。

今日は、数か月前から企画していたのだが、100回記念に吟行会を開催した。

私は数日前から風邪を引いていて、前の晩まで参加できるか微妙だと思っていたのだが、今朝起きたらすっかり抜けていた。

吟行会場は皇居外苑の北の丸公園。
北の丸入口

地下鉄駅から歩いて田安門を潜ると、
武道館
武道館は今日はアイドルグループのコンサートがあるらしく、午前中からグッズ売り場には行列ができていた。

武道館の近辺以外は、科学技術館に学生の団体が行くくらいで、のんびり楽しく吟行できた。
ここ数日とても寒く、今日も気温は低かったはずであるが、よく晴れた気持ちのいい吟行日和であった。

昼食は園内のカフェテリアでハンバーガーを食べたのだが、、、
ハンバーガー
なんと、包み紙に菊の御紋があしらわれていた!

句会場は、吟行地から電車で1本のいつもの場所。

句会では、嬉しいことに主宰選の「人」をいただけた。
スポンサーサイト

# 成田句会

今日は成田句会だった。
点盛りは今ひとつだったが、指導者である前田勝洋先生の選はいただけた。

その先生から、「霞童さん、この前来られなかったね」と言われて、大変なことをしてしまったことを思い出した。

先日の赤坂句会の後、「天穹」本部で行われる会議に呼んでいただいていたのに、連絡もなしにすっぽかしてしまったのだ。

こういうことは一番信用をなくす。

一週間ほど前から、家族の用事で参加できないことがわかっており、「連絡しなければ」と思ってはいたのだが、「さて誰に連絡しようか」などと迷っているうちに忘れてしまっていた。

今後はこのようなことが無いよう、厳に慎みたい。

# 赤坂句会・七五三

今日は赤坂句会だった。

イヴァンカ氏が来日しているし、トランプ野郎ももうすぐ来るので、物々しい警備がされているかと思ったら、官邸付近はいつも通り。
帰ってから調べたら、宿泊ホテルは帝国、今日の夕食会は星のやだそうで、赤坂からは若干距離があった。

天気もいいし、七五三シーズンでもあるので、久しぶりに日枝神社に寄ってみたら、ご覧の人混み。
1711日枝

ちょうど結婚式もやっていて、巫女さんの舞いも見られたが、そのせいか列が進まなくて、参拝に15分、そして御朱印を戴く(御朱印帳を預けてから戴くまで)のに15分もかかった。
朱日枝
こんなことなら、御朱印を預けてから参拝をすればよかったのだが、確か下鴨神社だったか、「ご参拝はお済みですか?」と尋ねられた(御朱印は参拝した証明なのでこの問いかけは正しい)ことがあってから、必ず参拝してから御朱印を戴くようにしていたのだが、ここではそんなことは言われなかった。また、やはり下鴨神社だったかと思うが、「御朱印代はお賽銭なのでお釣りのないように」との貼り紙を見てから、必ず300円用意して臨むようにしていたのだが、ここは500円(その代わり、栞と参拝記念の根付を頂いた)。千円札を出したら黙ってお釣りをくれた。


さて、赤坂句会の今日のお料理はこちら↓
17112赤17111赤
角皿に載っている柴漬けみたいに見えるのは菊膾。黄色以外は初めて食べた。
ご飯は「いちご飯」。八戸名物のいちご煮(雲丹と鮑)の炊き込みバージョン。初めて食べたが絶品。

# 天空会例会

長雨と肌寒さが続く中、私が参加しているメインの句会「天空会」があった。

今日の成績はあまり良くなかった。

だからというわけではないが、今日は句会終了後の懇親会でいつもより飲み過ぎてしまい、都内から成田の自宅に帰り着いた今でも頭が痛い。
と言っても、いつもビール1杯のところ、今日は焼酎の水割りを1杯追加で飲んだだけである。要するに「お酒が弱い」ということである。
今はもう、最近の言葉でいうところのアルコール・ハラスメント、つまり仕事関係などで無理やり飲まされることなど無くなったが、若い頃はそれなりに苦労した。

とはいえ、今日の宴席でも出たが、日本酒の銘柄の話題などについて行けず、寂しい思いをすることもある。
寂しいと言えば、「行きつけの店」などももちろん無い。
憧れは「ボトルキープ」することであるが、そんな機会はない。

ところが、今日のこの「天空会」では毎回、懇親会の会場が決まっており、芋焼酎をボトルキープしている。
さつま美人
私個人の名前ではないが、大人になった気分である。

# 成田句会

成田句会があった。点盛りはイマイチだったが、いつもどおり楽しめた。

披講の時の「いただき」と「」の違いについての質問が出た。



「初心者向け俳句実践講座」 番外編 披講

句会で披講者が披講をする時の不文律。

披講者は初めに自選句の披講をする。このときは氏名+「いただき」または「いただきました」。
次から他人の選を披講するが、そのときは氏名+「選」。
披講の順は、その句会の指導者を最終披講者として、指導的立場にある方ほど後に披講する。

成田句会の場合は、

披講者 → 一般会員 → 同人 → 指導者

の順になる。

尤も、ローカルルールの違いが大きいのは、他の句会のルールと同じであるが。

# プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年、俳句結社「天穹」入会。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

# ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!

# 最新記事

# カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 初心者向け基本書籍

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR