専門俳人を目指しています。俳句評論執筆のための文章修練、及び俳句実作。厳しい批評をお待ちしております。

# 二十四節気俳句生活

# 歌会始

宮中歌会始があった。

召人は黒井千次氏、そして召人控に鷹羽狩行氏。
「召人控」なんてあったっけ? 今年から出来たのかな?
俳人が召人に選ばれることは、ありそうであまりない。少なくとも平成になってからはなかったようだ。

お題は「語」。国際化を反映してか(?)皇族方をはじめ、「外国語」をテーマとした歌が多かった。

私の出した歌は、
水割りとJAZZのレコード一枚では語り尽くせぬ燐寸の炎
永田和宏先生や内藤明先生にはウケるかと思ったのだが。

また来年、である。
平成最後のお題は「」。
半年以上期間はあるのでじっくり考えよう。
スポンサーサイト

# 「まひる野」10月号

今月は6首選とまずまず、だったがそれよりも、久しぶりに選評をいただくことが出来た。

友達にお土産配る先づこれが旅行に行きたき娘の理由

(旅行の楽しみは人それぞれに違いがあるが、娘のそれはお友達にお土産を配ること。ほほえましくその性格まで伝わってくる)

ここ数年は、夏休みが終わると仲の良いお友達間で盛大な「お土産交換会」があるので、お友達へのお土産の選定に余念がないが(遠くに旅行に行っているのが凄い、的なことには全くなっていないのは有り難い)、うちの娘は物心ついた頃から可愛いキャラクターの多い「お土産屋さん」が大好きで、しかも観光地のお土産屋ではなく、ゆっくり選べる宿に大きなお土産屋があることが「旅の最大の関心事」であった。
一般的に、ベッドで寝るようなホテルに大きなお土産屋はないので、「観光バスが来るような、大きな温泉や宴会場のある旅館」が好みである。風呂上がりに子供用の浴衣を着せてもらい、心ゆくまでお土産選びを堪能するのが「至福のひととき」となっている。(現在4年生)

# 歌会始詠進

今年も歌会始の詠進歌を投函した。お題は「語」。

去年は、ああでもないこうでもないと、二十首以上作った中から一首を選んで詠進し、残りは「まひる野」に投稿したりしていたが、今年は作った二首目でピンときて、早々に決定。

毎年のことだが、験を担いで(?)菊の御紋の文箱を見ながら清書。
2017詠進歌

# 「まひる野」7月号 プール

「まひる野」7月号が届いた。

5首選、掲載順位もあまり良くなかった。
投歌だけでなく、やはり歌会に出て指導を受けないと上達はしないか。。。

中2の息子は期末試験の勉強しているが、今回は国語は短歌が試験範囲に入っているとのことで、少し見てやっていたが、今の教科書には穂村弘氏や俵万智氏の短歌が掲載されている。

教科書には載っていなかったが、「こんな歌もあるよ」と、穂村弘氏のかの有名な

ハロー 夜。ハロー 静かな霜柱。 ハロー カップヌードルの海老たち。

を教えてやったら、とてもウケていた。


娘の小学校では明日からプールがはじまるとのことで、少し泳ぎを思い出すように昨日からオープンした市民プールに行ってきた。
中台プール

暑くて最高の「プール日和」だったが、オープンしたばかりで客は少なく、十分練習ができた。

監視員まだ色白きプールかな


藤井四段初黒星。
今回の対戦相手である佐々木勇気五段は、将来のタイトル候補と目される期待の若手棋士であり、負けるとしたら今日かな、と思っていた。

これからは少し落ち着いて、じっくり将棋と向き合ってもらいたい。

# 「まひる野」5月号

今月は「まひる野」が先に届いた。GW前に発送作業を終わらせてくれたのだろう。

今月は「5月集」入選。しかも7首選。
北朝鮮情勢が緊迫しているが、入選歌のうちの一首がこれ。

国号を替へて朝鮮軍事主義独裁君主国などいかが

# プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

# ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!

# 最新記事

# カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 初心者向け基本書籍

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR