FC2ブログ

ルポ 塾歴社会


サブタイトルに「日本のエリート教育を牛耳る「鉄緑会」と「サピックス」の正体」とある。

中学受験、特に最難関校の合格者の半数以上が出身のサピックス、そして首都圏・関西圏のいくつかの最難関校に入った生徒の多くが鉄緑会に入り、東大や難関医学部を目指すという。
両者の特徴は、それぞれ膨大な量の宿題が出されることのようだ。
受験に特化した大量の問題を解くことが、合格に繋がるメソッドになっているという。
しかし、本書を読む限り、宿題をこなせず潰れてしまう子供がいる一方、難なくこなすタイプは難関校に上位で合格するのだという。
評判が評判を呼んで、この二つの塾にそれぞれの年代の学力トップ層が入塾することこそが、両塾が合格数トップを維持できる秘訣、裏を返せば「優秀な生徒を集めること」が最も重要であるように読み取れた。

いずれにせよ、自分とは(我が子も含めて)縁遠い世界を垣間見られたことはよかった。

縁遠いといえば、サピックスの母体ともいえるTAPで学生時代アルバイトをしたことがある。
講師などできる学力はなく、テストの監督や丸つけを担当していた。
今思えば、確証はないが、先ごろ投資家との結婚を発表した菊川怜がいたような・・・。
スポンサーサイト



テーマ : 書評
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
初心者向け基本書籍
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR