FC2ブログ

千草句会(成田吟行会)

今年のゴールデンウィークは、適度に予定が入っている。
昨日は妹が子供を連れてきたのでバーベーキューをやり、今日はその妹がうちの子も一緒にフィールドアスレチックに連れて行ってくれたので、私は吟行会に行くことができた。

吟行地は、麻賀多神社宗吾霊堂

麻賀多神社は有名とはいえないが、聖徳太子の時代に植えたとされる大杉のご神木がある。
麻賀多神社大杉

佐倉宗吾父子の墓。講談や芝居で知られているが、実際の事蹟ははっきりしない。とはいえ、もちろん郷土の英雄である。
宗吾父子の墓

句会での点盛りはまずまずであったが、それより今日は、私の選んだ句がどれも高得点とはならなかった。
自分の選句力については不明であるが、こういうことも珍しい。
スポンサーサイト



川柳っぽい俳句(俳句っぽい川柳?)

逝く春や道化の顔の文在寅
南北首脳

俳句 5月号



金子兜太追悼号。別冊の「金子兜太読本」は後ほどゆっくり読むとして、本誌の中では秘蔵インタビューが面白かった(季語の問題やアニミズムの話など)。
昨年暮れに、よくこれだけまとまったインタビューを取れたものだと思う。


まんさくや痒い目を掻かない努力  池田澄子

「花粉症」と言わずに花粉症を詠んでいる。
私も同じことを考えてこんな句を作ってみたがイマイチ。
マスク越しも多弁な春の保険マン


公園に遊具残して鳥帰る  大串章

「遊具に止まっていた鳥が帰った」ではなく、取り合わせの句として鑑賞した。
鳥が帰ることと、無人の公園の寂しさの対比。


坐禅草昔は米を作りし田  青柳志解樹

休耕田を詠んだ句はよく見かけるが、「坐禅草」だけで深山幽谷、というより過疎化の厳しい村の景が見える。

春の庭しばらく眺め竹間引く

「しばらく眺め」がいい。きちんと間引かれて管理された竹林も美しいが、そうする前の生命力も頼もしく見える。


東京弁怖し三社の祭衆  大久保白村

神輿担ぎはあちこちに遠征する。荒っぽい浅草の担ぎ手に地元民が萎縮している姿がユーモラスである。

メール句会

4月メール句会の結果が出た。

点盛りはまずまずだったが、自分の中では不調、というよりスランプである。


いくら句を作っても、面白くないか、どこかにありそうな気がしてしまう。

才能がない」と考えれば簡単だが、それでは進歩がなさそうなので、「作句(自選)力が一段ランクアップしているところ」と思うようにしている。


屋上でアンテナ直し春惜しむ

勉強会

今日は「天穹」本部主催のある勉強会があった。
これまでになかった形の勉強会で、今日が第1回。盛況だった。

私は今日の結果を纏める役を仰せつかっているのだが、昨夜早寝したせいで今朝は4時に起きてしまったのでもう寝ます。


聖堂に江戸の面影孔子祭
暦を見たら今日は季語にもなっている「釈奠(孔子祭)」。
せっかく上京したのだから湯島聖堂行ってみるんだった。

萵苣と苜蓿

「ちしゃ(レタス)」と「うまごやし」。
俳句をやらなければどちらも読めなかった。

「うまごやし」は傍題で「クローバー」もあるが、いずれも同じマメ科の牧草が野生化したものであるが本来は別物である。
そもそも、アルファルファを「苜蓿(もしゅく)」と読んだようである。
「ちしゃ」なんて言い方は知らなかったが、レタスそのものとは少し違うのかも知れない。

「三色菫」も「パンジー」とは原種と園芸種の違いがあるようである。

その他にも、俳句の季語としては一括りになっているものの、園芸に詳しい人には違うという感覚のものも多いと思われる。
時間がある時に少し調べてみようかな。


苜蓿毎日牛に喰われても

三里塚のイカロス

今日は天空会例会だった。

残念ながらメンバーが一人減ってしまった。
新しく入ってくれる方がいれば句会も活性化すると思うので、やれそうな人がいたら勧誘したい。
点盛りはまずまず。

「嵐の前の静けさ」で会社を休めたので、午前中は新宿の小さな映画館で『三里塚のイカロス』を見てきた。
三里塚のイカ

途中途中に当時の映像を交えながら、反対運動に関わってきた人々のインタビューによって構成されている。
登場するのは主に支援者。特に「援農」に来て百姓の息子と結婚した元活動家の女性が3人、「管制塔占拠事件」の実行犯が2人出てきている。
この手の映画は多分に「反対派寄り」に描かれるのが常であるが、本作は空港公団の元用地担当者も登場しており一定の公平性が保たれている。

観客はかつて三里塚闘争に参加したくらいの世代の方が圧倒的に多かった。

★★★★★
成田空港の反対闘争の歴史の貴重な資料として、また闘争を知らない若い人への啓蒙作品としてよく出来ている。

レッド・スパロー

ネタバレなし
redsparrow.jpg

女スパイもの。
見どころは、ロシアの女スパイがアメリカの情報を盗もうとして、様々な駆け引きや謀略を駆使しながら、さて、最後は結局どっち(ロシアかアメリカか)に付くのだろう、と最後まで楽しめるところ。
こんなことはさすがにあり得ないんだろうが、「あるかも」と思わせるくらいのリアリティがある。

主要登場人物の一人がプーチンに似ていて(似せていて)ちょっと面白い。
アメリカ映画だから、ロシア人も英語で話すのは致し方ないが、ロシア訛りっぽくやる意味あるのか?
主演のジェニファー・ローレンス、ロシア人には見えたがバレリーナには見えない(主人公は怪我をした元プリマという設定)。体格が良すぎる。

★★★★☆
日本では初登場7位、2週目からは圏外と不入りだが、アメリカでは初登場2位と合格ラインでよかった。
数年前までなら日本でも大ヒットしたレベルの作品だが、ここ数年は日本人は邦画ばかり見るようになってしまい(ディズニー・ピクサー、マーベル以外)、洋画は受難の時代である。

大井戸茶会

今日は成田山参道の「なごみの米屋総本店」で茶会があった。
本来は参道や成田山の境内で「太鼓祭り」というイベントも開催されたはずなのだが、悪天候で規模を縮小して行われていた。

天気が良ければ、かつて成田山のお不動様が安置されていて、霊水「大井戸」のあるここ
2018大井戸
でお茶会が開かれる筈だったのだが、

悪天候の今日は、米屋総本店の2階ギャラリーで開催された。
2018大井戸2
雨は朝方だけで、途中から上がったのだが、今日は風が強くて屋外は無理。
茶筅はよく飛ばされるので「茶筅立て」を使うが、一度ここで建水が飛ばされたことがあった。


春の暮雲と太鼓の音流る

今日は新暦では四月、旧暦では弥生、そして競馬は皐月賞があった。

赤坂句会

今日は赤坂句会だった。

久しぶりに赤坂の某小料理屋にて開催。
201804赤坂

みっちり、内容濃く、堪能した。


首相官邸の周囲はものものしい警備。誰か要人でも来日しているのかと思って帰ってから調べたら、安倍首相は今日は大阪。
もりかけ問題の集会でもあったかな?
プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
初心者向け基本書籍
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR