FC2ブログ

千草句会

今日は地元成田の吟行会・千草句会。

吟行地は「房総風土記の丘」で花見。

1903桜古墳
「龍角寺古墳群」の中にソメイヨシノが植えられている。ここが開場したのは45年ほど前なので、そのくらいの樹齢。
また、ソメイヨシノ以外の品種の桜も、咲いていたり、散っていたり、蕾だったり。こちらの樹齢は色々だ。

1903菫
あちこちに菫が群生していた。

宴席を作る菫を踏まぬやう

句会の方は、初めて披講をやらせてもらった。
読めない漢字がいくつも出てきた。
番号読み飛ばしをやってしまった。
選句用紙に間違えて書いている人が多い!

この句会は、披講者が次回の兼題を出すルールになっており、兼題を二つ、じっくり考えて選んだ。

成績は、先生の並選に複数選んでもらえた。
スポンサーサイト

書道

11月から始めた書道も既に五ヶ月目。ペースを掴んできて、ここまま続けられそうなので、道具を一新した。
これまで家にあった、妻や子どもたちのを借りてやっていたのだが、硯箱と中の硯、文鎮は、
1903書道セット
スーパーで呉竹の学童用のを揃えた。

半紙と墨滴は、
1903半紙 1903墨汁
これも家にあったものから初めて、何種類か試してみたのだが、半紙は先生から安く譲っていただくものが吸収がよく、墨滴は子どもたちの定番の「開明書液」のメーカーの上級品「墨の華」が、粘度あまりなくて私には書きやすく、香りもいい。

1903筆
筆は習い始めた時に先生にオススメしていただいたもので、手入れの仕方も教わったのだが、吊るしておくと先端に墨が溜まるので、もう一度洗うといい、とのことで、自宅の洗面台に吸盤のフックと、水受け(これは何だろう? 百均で買ったのだが歯ブラシ立てか何かか?)をセットした。

お稽古の方は既に行書に入っており、こんな感じ。まずまずといったところか。
1903書道

義理欠かさず終ひ彼岸はおのれの日

天空会例会

この前の日曜日、17日の月例吟行会は休日出勤になってしまって参加できなかったが、その代休で今日は休めて、午前中は息子の中学の卒業式、午後はここ数ヶ月出られなかった天空会例会に顔を出せた。

天空会の成績はまずまず。


息子の卒業式は、年頃なのだろうが、親と目が合っても無視を決め込んでいた。
1903中学卒業

親の顔見ても無視して卒業す

私の住む地域では大体、幼稚園・保育園と小学校の卒業式は3月下旬、中学校が3月中旬、高校は3月上旬に卒業式が行われる。
高校の卒業式が早いのはわかる。進学や就職で遠方に行くことがあるからだ。住む場所を決めて引っ越しをして、となると半月では足らないくらいだろう。
なぜ中学も早めなのか? もちろん高校も親元を離れて進学する子もいるが、それは少数だし、基本的には寮などで、自ら住む場所を探すことはあまりないはずだ。(ハンカチ王子は数少ない例外である。群馬の中学を出て早実に進学し、兄と同居していた)
以前から謎だったのだが、今日ふと気がついた。昔は集団就職などで中学を出て親元を離れる子が多かったからであろうと。

昔、といっても半世紀ほど前は今の息子の年齢で一人前の社会人になる子が多かったと思うとある種の感慨がある。
試験が終わって以来遊び呆けている息子に、「今日から自活しろ。働け」などと言ったらどんな顔をするだろうか。

成田句会

今日は成田句会があった。

初参加の方もおられて、とても活気のある会だったが、成績は残念ながら・・・


句会の前に、会社の研修の一環で三遊亭金時師匠の講演を聞く機会がった。
三遊亭金時
なぜ研修かというと、環境に関わるお勉強で、江戸のリサイクルの文化・精神を学んだのである。

とはいえ、講演の中で「時そば」、講演終了後に江戸時代のリサイクル業者である屑屋が出てくる「井戸の茶碗」を披露して下さった。
「時そば」は講演のまくらを兼ねて、江戸時代の「時間」と「お金」の単位(「九つ」「四つ」や「十六文」が出てくる)についても教えていただいたが、当時の物価などのクイズを5問出されて、私は見事全問正解、「手ぬぐい」をいただいた。

もちろん落語の小道具として使われるものであるが、のしがついて「春風亭傳枝」と書かれている。
1903傳枝
力士の浴衣と同じように、噺家さん同士で手ぬぐいを贈り合う習慣があるのかも知れない。

春風亭傳枝さんはこの方。
春風亭傳枝
この方の落語も、機会があれば聴いてみたい。

春風や寄席に出向くによき季節

関東ホトトギス俳句大会

今日は他流試合、、、というほど大仰でもないが、「関東ホトトギス俳句大会」が成田で開催され、会員でなくとも参加できるとのことだったので行ってみた。
全日程は一泊二日、昨日は佐倉城址公園で吟行、今日は成田山で吟行とのことであったが、部分参加も可能とのことで、今日の成田山だけ参加させてもらった。

1903ホトトギス

千葉県で開催されるのは16年ぶりとのこと。各都県持ち回りで開催されるようであるが、8年前は震災の翌日に予定されていたため中止になったそうである。

句会のやり方がやはり少し違い、手間取ってしまったが、淀みない披講と名乗りは「さすが」と思わせるものがあった。

稲畑汀子先生、稲畑廣太郎先生の並選に1句ずつ選んでいただけた。
名前を聞いたことのある俳人も何人か参加されていたが、両稲畑先生のほかは皆さん一般参加者の扱いになっていた。


今日は雨の予報だったので、雨のつもりで作っておいた句もあったので、また「智光」に投句しよう。

成田山仏教文化講座

成田山では文化活動の一環として、毎年「仏教文化講座」というものを開催している。9月から翌年6月まで全10回、今年で34回目だそうである。

1903仏教講座

私は今回はじめて参加、9月からほぼ毎回出席している。
いつもは大本堂下の講堂で話だけ聞いて帰ってくるのだが、今日は、明日の吟行会に備えて珍しく予習をしてみた。
今週末はホトトギスの大会が成田であるようで、明日の成田山の吟行会だけ参加させてもらう予定なのだ。

1903成田山梅

成田山公園の梅まつりは先週で終わってしまったが、花は十分見られた。

句作も順調に出来たと思うが、明日は雨の予報である。
念のため、雨の句も作っておいた。(^^;

安いっ!

結社賞である「天穹賞」の応募締切まで一週間を切り、句稿作成に余念のないところであるが、この賞の発表は5月末の夏の大会で行われる。

「天穹」3月号に詳細が掲載されたが、今年の夏の大会の会場は和歌山。
成田から和歌山に行くには、関空までLCCを使うのが最も便利である。

LCCは一般的には早めに予約した方が安くチケットを買える。早速予約を試みた。
往復9400円で取れた。安い!
しかし、朝早い時間は便がなく、集合時間に間に合わないので前泊である。
ホテルも大阪市内のビジネスホテルを朝食付き5400円で予約した。

智光

智光」という、成田山新勝寺の広報誌兼信者向け機関紙のような雑誌がある。

1903智光1

3月号の表紙は節分恒例の豆まき。力士や大河ドラマ出演者ではなく、やはり成田屋(家族)。

昨年5月の、成田山の記念俳句大会に参加して以来、送られてくるようになった。

前にも書いたかも知れないが、成田山は虚子と関係が深く、僧侶に俳句を嗜む人も多い。
この「智光」にも、「成田山季語散策」「智光俳壇」という俳句のページがある。

1903智光2
これまで何度か投句していたが、今回、初めて特選に選ばれた。(並選には以前も選ばれたことはある)

また、イベント告知のページでは、昨日(3/3)で終わってしまった、成田の梅まつりの紹介もされていたのだが、
1903智光3
この野点の写真の、傘の下でお点前をやっているのは私である。
昨年の「智光」も同じ写真だったので、これは一昨年の風景。

満開の日に天候に恵まれないなど、色々あるのであろう。


梅が香や薄茶を点つる傘の下

赤坂句会

今日は赤坂句会だった。

1903赤坂1 1903赤坂2

季節のものは菜花や蕗の薹など。

上巳の節句でもあり、桜餅と菱餅もいただいた。
「桜餅」「菱餅」で席題句会もやったのだが、似た句が多すぎてみんなで大笑い。

家に帰って母が持ってきた雛ケーキを食べ、雛人形は今日は雨模様だったので片付けずにとりあえず後ろ向きにしておいた。(「嫁き遅れる」という迷信を気にする人は、こうする方法もあるそうだ)

第160回芥川賞



芥川賞の受賞作を、いつものように文藝春秋で読んだ。

今回は2作。上田岳弘「ニムロッド」町屋良平「1R1分34秒」

「ニムロッド」は仮想通貨を「掘る」仕事をしているIT会社社員の話。
今どきの題材を取り入れた現代的な作品。作者の自画像は主人公でもあり、登場する友人でもあるようだ。構成や主人公の名前に工夫を凝らしている。

「1R1分34秒」は、なかなかパンチの効いた作品。C級ライセンス(四回戦)のプロボクサーの細部を丁寧に描いている。特にボクシングの技術面の描写は経験者にしか知りえないリアルさが真に迫ってきた。芥川賞受賞作では「太陽の季節」も主人公がボクサーたが、全く違う。
個人的な好みで言えば圧倒的にこちらだが、構成に技巧を凝らしすぎた。この作品は、愚直にボクサーの描写だけで勝負出来たと思う。


受賞作2作品に共通しているのは、少ない登場人物と、その関係性を丁寧に描いているところである。特に親しい人とのコミュニケーションが大きなテーマとなっているところも同じである。このあたりが作品の現代性なのか?
現代的といえば、両作品とも、小道具としてiphoneが使われている。
プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!
最新記事
カテゴリ
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
初心者向け基本書籍
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR