FC2ブログ

辻村深月 「傲慢と善良」

今日届いた「天穹」6月号では、久しぶりに花丸と選評をいただいた。

蔵書とも云へぬ山塊万愚節

選評は、
「霞童さんは無類の読書家だ。書斎には種々の本が山積みなのだろう。読書の結果は必ず人生の糧になる筈だ。」
と、先日主宰を退かれた佐々木建成名誉顧問に書いていただいた。(来月号まで前主宰の選となる)

「無類の読書家」はやや誇張があるかもしれないが、嬉しかったので最近読んだ新刊の書評を書いてみよう。




ミステリー仕立て、というかミステリーそのものと言っていいが、テーマは「婚活」である。
中でも、途中から出てくる結婚相談所の主宰者が、ストーリーにはあまり関わらないが、「婚活」の面でのキーパーソンとなっている。
曰く、結婚相手に出会った時に感じる「ピンと来る」とは、自分につけている点数より相手の点数が高い時にそう思うのだそうである。それも、自分の欠点には目をつぶり、自分の売りになる点と、相手の一番低い部分の点を比べて、相手の方が高い時に「この人と結婚したい」と「ピンと来る」のだそうだ。そして、その場合は当然のごとく殆どが断られる。傲慢に自分の点数は高く付けて、「いい相手と巡り会えない」とお見合いの回数ばかりが増えてなかなか決まらない人が多いそうだ。
「高慢と偏見」にタイトルが似ていると思ったが、その点にも言及されていた。

★★★☆☆
読みやすく、物語に引き込まれるが、人間の本音の嫌な部分が見え過ぎか?
スポンサーサイト



誕生日

今日は50回目の誕生日、休みが取れたので佐倉城址公園の菖蒲園に行ってみた。

1905佐倉城址

「菖蒲まつり」は6月8、9日。
二週間早かったので花はまだこの程度。暑かったので花が早いかと思ったらそうでもなかった。

五十年生き急がずや菖蒲園

「天穹」夏の大会 2日目

今日は和歌山で「天穹」代表者会議、会員総会。

1905天穹大会
今年の大会のハイライトは、何といっても
佐々木建成主宰から屋内修一新主宰への主宰の交代である。

「天穹」は民主的に運営されている結社であり、主宰の交代も、支部の代表が集まる「代表者会議」と、会員全体からなる「総会」で決議されて決められた。(欠席者からは事前に委任状を取っている)

続いて開催された句会、昨日の吟行句を一晩かけて選句した結果が発表された。
全国から実力者が集まる句会であるので気合を入れて作句したのであるが、結果は、屋内修一新主宰の並選に入れていただかなければ無声となるところであった。


句会終了後、関空発の夜の便まで時間があったので、予定していた紀三井寺か和歌山城ではなく、港町の加太に行ってみた。

1905電車1 1905電車2
鯛が名産の地であり、このような可愛らしい電車に乗っていった。

1905淡嶋神社
淡嶋神社は雛流しと人形供養で有名であり、境内には人形が所狭しと並べられていた。

加太の町並みも、古い、といっても今井町や湯浅町の江戸風情ではなく、昭和レトロの様子が懐かしかった。
それに海沿いであるので、和歌山市よりも涼しかった!

涼しさや昭和レトロの夕景色

「天穹」夏の大会 1日目

「天穹」夏の大会。今年の開催地は和歌山。

私は和歌山県は伊勢から熊野三山を回ったことしかなく、和歌山市近辺は初めてである。

新大阪駅に集合、バスで最初の吟行地、湯浅町に向かう。

1905湯浅町
昨日の今井町が両替商を中心とした「商人の町」であるなら、ここ湯浅町は「醤油の町」である。

醤油蔵を見学して、
1905道標
この町にも熊野古道が通っており、これはその道標。

彫り深き道標熊野古道朱夏

そして次の吟行地は、熊野古道の入り口であり、私にとっては何と言っても鈴木氏発祥の地である藤白神社へ。
1905鈴木幟

「鈴木さん」だけがいただけるという家系図をもらい(禁複製と書いてあったので載せません)、

1905鈴木屋敷
「復元費用が足りない」と全国ニュースになっていた「鈴木屋敷」。

宮司さんによると、「新築」にならないように元の部分をなるべく残して復元していた映像が見すぼらしく見えて話題になってしまった、とのこと。

1905子守楠
御神木の「子守楠」。
古来より楠・藤・熊の字を子供につけると長命、出世するという言い伝えがあるという。南方熊楠もこれにより名付けられたとのこと。

熊楠てふ目出度き名前若葉風

宿泊は風光明媚なマリーナシティ。

関西へ

明日からの「天穹」全国大会を前に、成田からの飛行機は集合時間に間に合わないため前泊することにして、しかも会社を一日多く休んで午前の便で飛んだ。
早起きして5時半くらいに出れば、新大阪に10時前には着くのだが、LCCなら航空券+宿泊で1万円くらいで済むので新幹線より安い。
1905機窓
北風だったため窓から私の生まれ故郷がよく見えた。

1905泉佐野
関空の玄関口は「ふるさと納税」で話題となっている泉佐野。

今日の行き先は奈良。あまり時間もなかったが、行ったことのないところに行ってみようと、
1905唐招提寺
まずは唐招提寺。

1905芭蕉句碑
芭蕉句碑「青葉して御目の雫拭ばや」。
4月8日に当地で詠んだ句とのこと。今の暦ならちょうど今くらいか?

1905今井町
江戸時代の町並みの残る今井町。
明日、和歌山の湯浅町を吟行するので、比べてみようと思い立ち寄った。
暑かった!

風死すや迷路のごとき今井町

大阪市内のビジネスホテルにチェックインして、学生時代の友人に二十何年ぶりに邂逅。
1905串揚げ
新世界の串揚げに連れて行って貰い、旧交を温めた。

天空会例会

今日は天空会例会だった。数日前に九州で大雨を降らせた前線と雲がやって来て大雨。電車も遅れてあやうく遅刻するところだった。
欠席者も多かったが、句会が終わる頃には雨はあがっていた。

今日みたいな雨は、「走り梅雨」には早いし「卯の花腐し」ほどの長雨ではない。ちょうど良い季語が見つからなかったが、今日は小満。
歳時記の小満の例句に良いのがあった。

小満や一雨ごとに森ふとる  山下静湖

赤坂句会

今日は赤坂句会だった。

1905赤坂
お料理は夏野菜カレー。

終了後、今日は
1905議事堂
国会議事堂の前を通って、

1905憲政記念館1 1905憲政記念館2
憲政記念館に寄り、

1905演芸館
国立演芸場に行ってみた。

赤坂からは徒歩圏内だが、ここは(国立劇場の歌舞伎もそうだが)夜の部がないのでなかなか機会がなかったのだが、今日はたまたま月一度の「国立名人会」をやっていた。
1905名人会
トリは瀧川鯉昇で演目は「佃祭」。文字通りの名人芸を堪能した。

運動会

「運動会」はもちろん秋の季語であるが、最近は小学校も春に運動会をやるところが多くなった。(中学受験する子供が増えたせいか?)

下の子が今年6年生なので、上の子が入ってから10年間、毎年参加してきた運動会も今年で終わりである。
朝早く並んでの席取りがかなりのストレスだったので、実はホッとしている。

運動会の会場は、400mトラックを借りて行うというかなり贅沢なものだが、それでも周りぐるっとテントが張られ、急がないと場所がなくなる。今年も7時の開門を前に、6時半過ぎには並んだが、先頭から100番目くらいだった。

1905運動会

なんとか、まずまず見える場所を確保できたが、数年前からテントが主流になったが、その前はテーブル&イスにパラソルが殆どだった。息子が入ったばかりの頃はテントが主流だったので、10年間でテント→パラソル→テントと、親たちの観覧グッズ(?)が変化してきたことになる。恐らく、イスは楽ちんだが、風が強いとパラソルが飛ばされるのでテントに戻ったということと思われる。我が家も主流派に合わせてテント→パラソル→テントとしてきた。他人に流されやすい日本人気質(?)といえる。

運動会の方は、娘は個人競技は1位と2位、リレーでも活躍できて大満足の様子であった。
私も妻も、親参加の競技に出たが、どちらも怪我がなくてよかった。

童心に勝つた負けたと聖五月

五月狂言

「三月狂言」「九月狂言」などは季語になっているが、「五月狂言」は季語ではない。
「五月場所」は「三月場所」「九月場所」と共に季語になっているのに、である。

今日は、その「五月狂言」を見に行ってきた。
1905歌舞伎

五月だから当然「團菊祭」であり、来年は團十郎襲名公演となるが、今年は「尾上丑之助」の襲名と相成った。
この新丑之助、父方の祖父が菊五郎、母方の祖父が吉右衛門と、「祖父二人が人間国宝」という超サラブレッド(勘九郎、七之助兄弟以来か)であり、個人的に父・菊之助を贔屓にしていることもあり、是非見てみたかった。

丑之助の出番は夜の部であるが、昼の部も「対面」「勧進帳」「め組の喧嘩」と捨てがたく、昼の部の席を取って、夜の部は幕見席に潜り込むことに。
昼の部もどれも良かったが、やはり丑之助初舞台の「牛若丸」が出色。父と両祖父を従えた「口上」の後は、時蔵、左團次、雀右衛門、海老蔵、松緑とオールスターが華を添える、大変豪華な初舞台となった。この丑之助が、菊五郎とまでとは言わないが、菊之助を襲名するくらいまでは元気に歌舞伎を見に行きたいものだ。

長生きも一つの快楽團菊祭
「團菊祭」を仮想季語にしてみました。昭和11年に始まったそうなのでそろそろ季語になってもいい?

成田句会

今日は成田句会だった。

十連休明け二日目、やはり仕事が溜まっており、また休みボケも少々あったのか一日長く、非常に疲れた。

句会の方の成績は、先生の並選に選んで頂けたが、点盛りは今ひとつ。

十連休明け乗り過ごす立夏かな
プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
初心者向け基本書籍
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR