FC2ブログ

天空会例会

天空会例会があった。

兼題のうちの一つが「秋の蟬」。

『角川俳句大歳時記』にときどき句座を共にさせていただいている方の句が例句として掲載されていた。

秋蝉の鈴一千の振りをさめ  阿部栄子


それから、句会後の懇親会で前主宰から、『俳句』9月号の「令和俳壇」で拙句が佳作に入っていたことをご指摘いただいた。

手の届くところを少し袋掛

この句が岩岡中正先生、山田佳乃先生、小林貴子先生の佳作に入っていたことには気づいていたが、

初恋の君の亭主と溝浚へ

この句が朝妻力先生の佳作に入れていただいていたことには気づかなかった。

目を皿にして見たつもりだが、見落としていて、さらに前主宰からの質問にもトンチンカンな答えをしてしまった。
スポンサーサイト



同人句会、千草句会欠席

8/25は成田の吟行句会「千草句会」だったが、「天穹」本部主催の「同人句会」があったため欠席、そしてその同人句会も欠席となってしまった。

午前中に用があり、早めに終われば途中から同人句会にも出られるかと思っていたのだが、2時過ぎまでかかってしまい、お休みせざるを得なかった。(連絡先がわからなかったので連絡しなくてすみません)


干拓地は大事にされず稲を刈る

私の住む地域では稲刈りが始まった。
今年は当初の冷夏の影響で稲刈りの時期が遅く、コシヒカリはまだで、早稲の品種、千葉では「ふさおとめ」が一般的である。刈田がモザイクのように広がっているが、「ふさおとめ」が植えられているのは広々とした干拓地などに多く、「上田」とされている谷津田のあまり狭くなっていないところは決まってコシヒカリが植えられている。
残念なことに、昨今はそんな上田にも休耕地が増えている。

つげ義春『無能の人』の中の井上井月



最近は図書館に漫画も置いてあるが、先日何気なくつげ義春を借りてきて「無能の人」を読んでみた。

「ねじ式」など芸術性の高い作品で知られる作者の、映画化もされた後期の代表作だが未読だった。

「無能の人」は6編からなる連作短編だが、最終章の「蒸発」は、主人公が伊那出身という古本屋の主人から「井月全集」を借りて、主人公が当時はほぼ無名だった井月の句や人物に触れるという話である。

晩年、井月が酔って失禁を繰り返し、人々に疎まれながら死んでゆく姿が描かれ、「無能の人」である主人公と重ねられる。

尾崎放哉の代表作は、最晩年の、誰にも顧みられなくなった小豆島時代のものがほとんどであるが、井月はどうだったのだろうか?
井月も少し勉強してみようかと思う。

残暑

8/10~12と、関西方面に旅行してきた。

8月10日(土)
午前中の便で成田から関空へ。
関空からは神戸に船で渡った。
昼食は南京町で飲茶。
神戸市内のホテルにチェックインして市内観光。
夕食はハーバーランドで神戸牛。
1908神戸夜景

タクシーで登る残暑の異人街


8月11日(日・山の日)
子供たちにとって今回の旅行最大の楽しみであった、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ。
1908USJ
2回目だが、6年前の前回は子供たちがまだ小さく、絶叫マシンには乗れなかったが、今回は絶叫系を中心に、Eパス(有料のファストパス)やスタンバイ(並んで)で十分に堪能できた。
暑かったが(大阪市の当日の最高気温36.7℃)、そのせいか「激混み」というわけでもなかった。

とんぼうの停まるジョーズの尻尾かな
ホグワーツを見下ろし燕帰りけり



8月12日(月・振替休日)
ホテルをチェックアウトし、
1908姫路城 1908天文科学館 1908明石橋
姫路城、明石市天文科学館、明石海峡大橋を回った。
天文科学館では、東経135°の「日本標準子午線」を見てきた。

1908明石焼
お昼は明石焼(玉子焼)!

夕方までゆっくりして、夜の便で成田へ。十分堪能できた3日間であった。

秋の風砂巻き上がる姫路城

渋野日向子フィーバー

立秋が過ぎたが、日本の気温も、女子ゴルフも熱い!

「シブコフィーバー」はしばらく続きそうだが、何と言っても今週の凱旋試合「北海道meijiカップ」の注目度はMAXと言っていい。

渋野日向子目当てにギャラリーもマスコミも大挙して押し寄せると思うが、この大会で奮起すべきはむしろ渋野以外の出場選手たちであろう。

スタートリストを見ると、不動裕理や大山志保などかつての女王や、もちろん渋野と同世代の「黄金世代」の選手たちも揃って出場している。

そんな中、私が注目しているのは渋野と同じ20歳、プロ入りも同期の臼井麗香である。
臼井麗香1 臼井麗香2

イ・ボミやアン・シネも可愛いが、負けていない。渋野と同じく今季からツアーに参加し、最高位は4位タイと、実力はアン・シネより上である。

渋野がソフトボールとゴルフからゴルフを選んだように、臼井はプロゴルファーの他には宝塚を目指していたという。確かに、宝塚も行けたのではないかというほどの容姿である。

秋立つやバーディラッシュ人ラッシュ
プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
初心者向け基本書籍
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR