FC2ブログ

天空会例会

今日は天空会例会があった。

再来月、天空会が月例吟行会の幹事をするので役割分担などを決めた。

最近、寒くなったり暑くなったりするせいか風邪をひいている人が多く、電車の中ではマスクをした。
前にもブログに書いたが、「風邪」「春の風邪」「夏の風邪」と冬~夏の風邪は季語になっているが、「秋の風邪」は季語ではない。
もちろん秋にも風邪はひくが、特別の季節感は出てこないということだろう。

今日は句会終了後、落語を聞きに行った。
1910両国寄席
場所は両国の「お江戸両国亭」。

再来月の月例吟行会の会場である回向院のすぐ近くであるが、もう暗くなっていて吟行の下見は出来なかった。

ここは月の前半、円楽一門会がメインの定席になっている。
落語協会分裂騒動後に、末広亭や鈴本など常設の寄席に出演できなくなった円楽一門(分裂同時は圓生一門)は、かつて「若竹」という寄席を先代円楽が設置したが、莫大な借金を抱えて数年で閉鎖され、最近はここを活動拠点(?)としているようだ。

前々から気になっていたのだが、今日は円楽がトリを務めるというので初めて来てみた。
句会後の懇親会が終わってから電車に乗って、着いたらちょうど前座が話し始めたところだった。

よく「通」の人は「テレビに出ている落語家が上手いわけではない」などというが、初めて見た円楽の高座はとても良かった。
病気のこと、台風で飛行機が飛ばずに新幹線移動になって疲れていること、ここ両国亭はギャラが安いことなど、「やる気が出ない」ことをマクラにして、軽いネタをやることの布石を打って、演じたのは「目薬」。
自分より若い噺家では柳屋喬太郎、柳屋三三が上手いと言っていた。そして両者とも落語協会に在籍しているのが玉に瑕だと腐していた。
私も特に喬太郎は是非見てみたい噺家なのだが、なかなかチャンスがない。

両国に粋人集ふ夜長かな
スポンサーサイト



プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
初心者向け基本書籍
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR