専門俳人を目指しています。俳句評論執筆のための文章修練、及び俳句実作。厳しい批評をお待ちしております。

# 二十四節気俳句生活

# 「俳壇」5月号鑑賞(2)

剪定の煙をちこち島日和  武田禪次

剪定した枝や葉を灰にして、それは肥やしになる。島の大部分が果樹園であり、同じように煙が見える。目に焼き付く風景であろう。
作者は「銀漢」の編集長さん。銀漢亭でお会いしたことがあるが、ご無沙汰してしまっている。

彼岸会や皿に小分けの柿の種  後藤ひさし

間違いなく実景であろう。「彼岸会」の様々な部分が見えてくるようだ。

花団子三人目来て列となる  満田三椒

花見に誂えるため、混雑する和菓子店。列になる瞬間を捉えている。

大空の果てを臆せず鳥帰る  秋山甲斐

もちろん渡り鳥にとっては旅は生きていくために必要なことであり、「臆して」いるはずなどないが、それを見ている人間が自分に置き換えてみると、覚悟を決めて勇気をもって飛んでいくように見える。私は強く共感できた。

稜線の炎となりて初日の出  上中 光

千葉に住んでいると「初日の出」を見に行くとすればもちろん太平洋だが、一度だけスキー場で年越しをしたことがある。
雪山を赤く照らす初日もまた見事であった。

つちふりて謹慎処分あしたまで  岡村知昭

何の謹慎処分かとドキッとしてしまう。社会人の不祥事ではなくて、高校生の無免許運転あたりと思いたい。処分が明けても天候がパッとしないところがいい。

だしぬけに夫が遺言山椒の芽  中沢 春

まさかと思ったとしても、夫は夫なりに考えているものである。びっくりさせようと思ったわけでもないだろうが、聞いたほうは驚く。
料理に添えられた山椒の芽の香りが効いている。
スポンサーサイト

コメント

[title]:ありがとうございます。

鈴木様 
拙句を取り上げていただいて光栄です。
有難うございました。

  1. 2017/05/03(水) 23:13:47
  2. URL
  3. 満田三椒 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: ありがとうございます。

満田三椒様

恋はまだ消印有効卒業歌

も好きな句です。

こちらこそ、コメント頂きありがとうございました。
  1. 2017/05/04(木) 22:46:55
  2. URL
  3. 鈴木霞童 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年、俳句結社「天穹」入会。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

# ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!

# 最新記事

# カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 初心者向け基本書籍

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR