FC2ブログ

日本の医療くらべてみたら10勝5敗3分けで世界一



日本人に根強い「医療不信」に対するエクスキューズとして書かれた本書。
先ず冒頭、癌の手術後の5年生存率の国別比較により、日本がかなりの分野で世界一であることが示される。

そしてその後、18の角度から日本の医療について、世界、ここでは他の医療先進国、アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・スウェーデンの5ヶ国との比較がなされている。
単に医療技術や保険制度に限らず、薬や介護についても比較されている。

日本と比較されることの多いアメリカの医療は、国民皆保険制度がなく「金持ち優先」となっていることはよく知られているが、最先端医療の研究が進んでいる理由はそのことだけではなく、無料であるが自己責任で安全性の確立していない治療法の治験を受けられることも理由の一つであるということ、またイギリスなど個人負担のない医療制度の国は、薬局と看護師に相談してからでないと医師による診断が受けられないなど決して医療が身近とは言えないことなどが、著者の豊富な経験に基づいて語られている。

結局のところ日本の医療制度は、中程度の負担で準高度医療の受けられる制度であり、誰でもある程度の高度医療の受けられる「世界でもっと公平な」国であると結論づけられている。

また、それは日本の医師の高負担により支えられていること、高齢化と医療費増大など問題点についても触れられている。

ご興味がありましたら是非お読み下さい。オススメです。

★★★★★
スポンサーサイト



テーマ : 書評
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
初心者向け基本書籍
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR