FC2ブログ

関西旅行記① 吟行と結社の総会

昨夜、結社の総会・吟行会をメインとした関西旅行から帰ってきた。

順次、その旅行記をしたためます。
時系列はバラバラで、まずは吟行から。

集合は新大阪駅。
バス2台に分乗し、第一の吟行地・大阪城へ。
DSC_0960.jpg

これは絶対に見てみたかったタイムカプセル。
DSC_0962.jpg
2000年の第1回開封の記憶も新しいが、30年という期間でさえ「時代」を感じた。4953年後の人類(日本人とは限らない)がどう思うか、想像するだけで楽しい。

間に昼食を挟んで、第二の吟行地・四天王寺
DSC_0965.jpg
古代そのままの特徴的な伽藍配置。
元は塔の重要性が高く、飛鳥寺は塔の周りを三つの金堂が取り囲んでいる。そして法隆寺の塔と金堂の並列までの間がこの四天王寺。金堂の前に塔が配置されている。
この後、金堂の重要性が増して、一つの金堂の両脇に塔が配置されるようになる。(薬師寺、東大寺など)
ちなみに、塔は仏舎利、金堂は本尊を安置している。

大阪は何度か来ているが、大阪城も四天王寺も初めてであった。

吟行の予習はいつもの通りのネット情報だが、作戦を変えてみた。
まず、吟行地に着いたらとにかく何でもいいから投句数だけ句を作ってしまう。そして一旦精神的安定を得て、その後にじっくり作句するという作戦である。

宿泊先のホテルに着いたらすぐさま投句。句会は翌日、である。

翌朝、結社の総会が行われ、
DSC_0971.jpg
続いて句会となった。
結果は、、、何とか無声は免れた。

作戦の失敗か、実力不足かわかないが、何となく実力不足の気がするので、次回の吟行までこの作戦を試してみよう。


予定よりも早い時間に終わり、帰りの飛行機まで時間があったので、関空に向かう途中、仁徳天皇陵を含む大仙公園を見学。
DSC_0973.jpg
ボランティアガイドの方に「世界遺産の登録を目指している」ことを教えてもらい、博物館では古墳関係の資料の他に、鉄砲の見事なコレクションを堪能した。


(「関西旅行記②」に続く。)

捨つる句も残す句もあり夏の旅
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
初心者向け基本書籍
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR