FC2ブログ

関西旅行記③ 季語の行事

季語になっている木も花も鳥も知らないが、それと同じくらい私は「祭り音痴」である。そもそも人混みが嫌いなので季語になっている「行事」は学校や地域のものを除けば殆ど知らなかった。

俳句を始めてから、一つでも二つでも季語をモノにするために、積極的に季語の祭りなどには行ってみることにした。
特に、京都を中心とした関西方面にはそんな「季語の行事」が多いので、せっかくの大阪大会、スケジュールを調べてみると、24日が「鴨川をどり」の千秋楽、25日が「楠公祭」であったので、行ってみることに。


●鴨川をどり
4月に行われる祇園甲部の「都をどり」と違って、こちら先斗町の「鴨川をどり」は時期が5月にズレているが、歳時記では未だに「春」に入っている。
もしかしたら、既に「過去の遺物」的なイベントになってしまっているのかと思い、恐る恐る見に行った。チケットの取り方も、電話で予約して、当日引き換えるという大時代的なやり方であった。
鴨川をどり
三条大橋を渡ってすぐ、先斗町の入り口にある歌舞練場は立派な建物で、路地の至る所に「鴨川をどり」の提灯が出ていて、決して「死んだイベント」にはなっていないことがわかった。

先に舞妓さんの茶席に入ってお茶を頂き、席につくと、外国の方がかなり多いことに気づいた。京都はどこも外国人だらけだが、この「鴨川をどり」も率で言ったら同じくらい。国内にいてもチケットを取るのが面倒だったことを考えるとかなり意外である。旅行
会社などを通じて海外向けに売っているのだろうか。
内容は、大大大満足。是非また見てみたい。普段街で見ることのできない芸舞妓さんの踊りを直で見ることができたし、劇の台詞回しも歌舞伎より分かりやすかった。隣りに座っていたアメリカ人と思われる四人組も大喜びしていた。
今度は家族で来たい。特に、前回やった変身舞妓をまたやりたいと言っている娘に見せたい。

京都の花街は5つあるが、なぜか宮川町の「京をどり」、上七軒の「北野をどり」、祇園東の「祇園をどり」は『角川大歳時記』には出ていなかった。これらが季語として使えない訳ではないのだろうが。

誘ひ合ふ鴨川をどり下駄の音


●楠公祭
漢字は違うが、本名が「まさしげ」というので、楠木正成の祀られている湊川神社には一度来てみたかった。
武者行列は26日なので残念ながら見られないが、本祭を見ることができた。
本祭とは要するに、宮司が祝詞を奏上したり、関係者が玉串を奉納したりする、祭りの本来のメインイベントである。
氏子総代や政官財のお歴々の後に、一般参加者として奉拝することができた。
そして巫女による神楽奉納まで見ることができた。
DSC_0940.jpg

橘を手にして舞ふや楠公祭


(「関西旅行記④ おまけ」に続く)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
初心者向け基本書籍
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR