専門俳人を目指しています。俳句評論執筆のための文章修練、及び俳句実作。厳しい批評をお待ちしております。

# 二十四節気俳句生活

# 恩田陸 「蜜蜂と遠雷」


恩田陸は「本屋大賞」二度目の受賞(1位)だそうである。
前の受賞作『夜のピクニック』はあまり感心しなかったので、この作者の作品はあまり読んだことがなかったが、本作は直木賞を獲ったこともあり、予備知識ゼロで読んでみた。

500ページを超える大著で、しかも2段組で活字も小さい。読むのが遅い私には苦行のようなものだが、気合を入れて読み始めた。

冒頭から、ピアノコンクールの募集要項と、4人の応募者(コンテスタント)の演奏プログラムが提示される。
そして、書類選考(現在ではDVD選考になっているようだ)に落ちた応募者による、敗者復活オーディションの場面から物語は始まる。

読みやすく、ぐいぐい物語に引き込まれた。応募者と、審査員を含めた周囲の人々の群像劇として物語は進む。舞台のモデルは浜松国際ピアノコンクール(次回は来年開催である)だそうで、作者は3年に一度のこのコンクールを複数回取材して、この物語を書き上げたそうで、細部までリアルである。

私はクラシック音楽の素養がないので、時々立ち止まってYoutubeで曲目を確認しながら読み進めた。

8年に渡る連載をまとめたものであるとのことで、若干矛盾(二次予選での曲間での拍手の可否について、P216とP285では逆に書かれている)もあったが、大いに楽しめた。
私もたまにはクラシックをホールで聴いてみたいと思った。

若い美男美女が登場することもあり、映像(映画・ドラマ)化されるのではないか。

★★★★★
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

<<  | ホーム |  >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

# ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!

# 最新記事

# カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 初心者向け基本書籍

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR