専門俳人を目指しています。俳句評論執筆のための文章修練、及び俳句実作。厳しい批評をお待ちしております。

# 二十四節気俳句生活

# 鏡餅

新しい御札に入れ替えた、我が家の超略式の神棚をご紹介。

神棚

建売で買った家に作り付けであった棚の、最上段を神棚として使用。
一応、作法に則りセンターは天照大神、右側が氏神様である熊野神社、左側がその他に崇敬(?)している寒川神社の御札や高野山の御守(お寺だけどまあいいか)、銭洗弁天の御浄銭などをお祀りしている。
写真ではわかりにくいかもしれないが、御札も、破魔矢も、この棚に合うサイズの小さなものをいただいて来るのがポイントである。

鏡餅はスーパーで売られている小さいもの、三方はないので半紙のみ。そしてなんと、榊もお米も水も塩も省略している!(お酒はお供えしている時もある)

実はこのお祀りの仕方は、私の生家のやり方を真似ている。
前にも書いたかもしれないが、四代前が神職であり、我が家の宗教は神道である。仏壇の代わりに祖霊舎(みたまや)があり、位牌の代わりに霊璽(れいじ)がある。そして神棚と祖霊舎は上下一体としてお祀りしてあり、榊や米、水、塩などは祖霊舎にお供えしてあるため、神棚はすっきり(?)している。

ちなみに、初詣はここ数年、地元の氏神様にしか参詣していないが、ここだけは生まれてから毎年欠かさずに行っている。
かつては成田山や香取神宮などにも行っていたが、子供が生まれてからは無理はしなくなった。そろそろ子供達も大きくなり、あの激混みの成田山もまた楽しかろうと、計画は立てたのだが、娘の発熱騒動で断念となった。来年への宿題である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

# ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!

# 最新記事

# カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 初心者向け基本書籍

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR