専門俳人を目指しています。俳句評論執筆のための文章修練、及び俳句実作。厳しい批評をお待ちしております。

# 二十四節気俳句生活

# 平昌オリンピック②

平昌オリンピックが開会した。
オリンピックの開会式が面白かったのは1984年夏のロサンゼルスが最初で最後、その後は退屈なだけだ(1992年冬のアルベールビルはまあまあ面白かった)。選手たちは寒い中、延々とつまらない出し物を見せられて可哀想そうである。開会式なんて甲子園みたいに必要最小限(入場、開会宣言、聖火点灯、選手・審判宣誓)でいい。そもそも開会式前に一部の競技が始まっているのも盛り上がらない理由の一つだろう。
最初はバルセロナあたりの大会でのサッカーだっただろうか。最近は開会式の前から競技が始まるのが「当たり前」になっている。

当たり前だが、「これから大会が始まりますよ」という目的で一堂に会するのが開会式だろう。
これは確か、オリンピックのルールで「大会は土曜から次の日曜までの16日間」(相撲より1日短い)となっていて、以前は開会式もこの16日の中でやっていたのだが、いつからか「開会式は前日にやってよい」ということになり、前後は覚えていないが一部競技とともに土曜より前にやるようになった。
まあ、夏のサッカーや7人制ラグビーとか、冬ならアイスホッケーなど、消耗の激しい競技では会期が足らないのはわかる。

そういえば、以前は冬のオリンピックは競技、種目の数が少なく、日程はスカスカだったが、最近は随分増えた(夏とのバランスをとるため増やした?)。特にスキー、スノーボードのフリースタイル系の種目数の増加は目覚ましい。下世話な話だが、「テレビ映え」するか否かが採用の可否のポイントとなるようだ。確かにハーフパイプなんて放送コンテンツとしてはバッチリだ。
もちろん、2年後の東京オリンピックでサーフィンやスケートボードが採用されたのもそれが理由だ。これらは「東京オリンピック限りの」開催競技ではあるが、サーフィンなんてIOCはどの大会でも実施したいのではないか。いい波の来る場所は限定されるので、どこでも開催できるわけではないのが残念であろう。

ところで、かつて冬季オリンピックの開催「競技」(「種目」ではない)はたった6つだった。夏は昔から20以上あったのと対象的である。そして冬の「競技」の数はそれほど増えてはいない。
6つとは、スキー、スケート、アイスホッケー、バイアスロン、ボブスレー、リュージュ。
スキーはアルペンもノルディックも「スキー」、スケートはフィギュアもスピードスケートも「スケート」である。それ以外の用具を使わないから。
だから、スケートに加えてスティックやパックを使うアイスホッケーと、スキーと銃を使うバイアスロンは別競技なのである。
その後、カーリングが増えて7つ、そしてスノーボードは、確か長野の頃は「スキー」の一部であったが今はどうだろう?

ちなみに「バイアスロン」は単純に「2つの競技」を合わせたというだけの意味であり、夏のオリンピック競技である「トライアスロン」は、名前だけそれが3つ(水泳、自転車、ランニング)になったというだけの意味である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

# ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!

# 最新記事

# カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 初心者向け基本書籍

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR