FC2ブログ

専門俳人を目指しています。俳句評論執筆のための文章修練、及び俳句実作。厳しい批評をお待ちしております。

# 二十四節気俳句生活

# スリー・ビルボード

ネタバレほぼなし
スリービルボード

映画の製作数が増えて、いくらシネコンが普及してクリーンが増えたといっても上映が追いつかず、ハリウッド映画でもアカデミー賞にノミネートされるような(退屈な)作品は、賞の発表前後に数本が公開されるだけであり、この作品もその一つ。
本作も「作品賞」「主演女優賞」「助演男優賞」「オリジナル脚本賞」などにノミネートされている。

現代は「Three Billboards Outside Ebbing, Missouri」。
「ミズーリ州エビングにおける3枚の屋外広告看板」くらいの意味であり、日本語タイトルを付けるとしたら『3枚の看板』くらいだろうか。

娘をレイプされた挙句に焼き殺された母親は、なかなか犯人が逮捕されないことに業を煮やし、警察署長を批判する看板を立てた。
警察署長は町の人々に愛される好人物であるが、癌に侵され余命幾ばくもない。
レイプされた娘はどちらかと言うと蓮っ葉なタイプで、母娘の関係も良くなかった。
母親は警察署長に「アメリカの男全員のDNAを採取しろ」など無理を言うが、署長は「犯人がいつかどこかで犯行を自慢するなど見つかることもある」などと諭す。

丁寧に作り込まれている好作品で、人間の多面性を、脚本の面白さで際立たせている。
昔アカデミー賞で作品賞や脚本賞を受賞した『アメリカン・ビューティ』を思い出した。
この作品もいくつか受賞するのではないか。「助演男優賞」はかなり有力な気がする。

これほどの作品が作られるとは、アメリカ映画もまだまだ馬鹿にできない。

★★★★☆
好き嫌いの問題だが、私にとってはストーリーを動かし過ぎ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

# ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!

# 最新記事

# カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 初心者向け基本書籍

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR