FC2ブログ

専門俳人を目指しています。俳句評論執筆のための文章修練、及び俳句実作。厳しい批評をお待ちしております。

# 二十四節気俳句生活

# 坂道のアポロン

ネタバレなし
アポロン

『ぼくは明日、きのうの君とデートする』と同じ「三木孝浩&小松菜奈」コンピの作品であるが、三木監督の前作『先生!、、、好きになってもいいですか?』がハズレだったので、見には行かないつもりだったが、予告編のジャズの音が良かったので、ジャズを聴きに行くくらいのつもりで見に行った。
『のだめカンタービレ』などもそうだが、音楽をテーマにした作品(漫画)の映画化は音を良くするだけである程度は見られる。

舞台は1966年。原作がその時代のようだが、現代に置き換えられない話ではないようにも思えた。読んでいないが原作との変更点の大きさを考えると、時代の違いはカバー出来る気もした。

キャストは、原作のファンには不評のようだったが、未読の私には主役の二人、知念侑李と中川大志の演技と存在感が、この映画を引っ張っているように思えた。劇中で披露するピアノとドラムはそれぞれ10ヶ月特訓したそうである(音はプロのものだが)。
ヒロイン役の小松菜奈も悪くない。

ストーリーは、友情・恋愛・挫折といった王道、悪く言えば陳腐なものであるが、キャストの力と、音楽、佐世保の町並みで見せている。
そう考えると、時代設定を原作通り60年代にしたのも成功だったかも。

佐世保北高(劇中では東高)を舞台としているのは、村上龍の『69 sixty nine』と同じである。

★★★★★
観客動員ランキングは残念ながら初登場8位。不入りである。いい作品に仕上がっているのに勿体ない!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

# ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!

# 最新記事

# カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 初心者向け基本書籍

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR