FC2ブログ

門井慶喜 『銀河鉄道の父』



今年度上期の直木賞受賞作。

宮沢賢治の作品の特徴に深い人間愛、弱者へのいたわりがあるが、これは質屋などを営んでいた豊かな生家への反発であると言われてきた。
その中で、どんな家庭に育ち、長男でありながら賢治の活動がどのように許されたのか、賢治ファンにとっては確かに気になるところではある。
本作は、商いに厳しく、賢治に甘い父・政次郎と家族の姿が描かれる。政次郎から見れば、賢治は終生、「大きな子供」であった。

「雨ニモマケズ」の手帳を賢治の生前に父が知っていたなど、事実と違うと思われる記述もあるが、概ね事実に即して、政次郎・賢治の親子像が描かれている。

★★★★☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
初心者向け基本書籍
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR