FC2ブログ

OVER DRIVE

ネタバレ無し
462bbd38c3b8e3d6.jpg

モーターレースをテーマにした映画は意外と少ない。
『ワイルド・スピード』シリーズや『頭文字D』のような暴走族タイプの違法レースを別にすれば、
邦画では1984年の中井貴一主演『F2グランプリ』や、二輪では1982年の草刈正雄主演『汚れた英雄』くらいしか思い浮かばない。(ラリーでは石原裕次郎の作品があったようだが未見)
洋画でも、すぐに思いつくのは2001年の『ドリヴン』、2014年の『ラッシュ/プライドと友情』くらい。他にもあったかな?
 

おそらくレースシーンに金がかかり過ぎる割に大ヒットは見込めないからであろう。

本作も初登場6位、不入りである。
しかし、電通がバックアップして、トヨタ、セイコー、パイオニア、ヨコハマタイヤなどのスポンサーを付けて制作費を捻出したのであろう、レースシーンはとんでもない迫力だった。
スピン、クラッシュのシーンも、実際のレースの映像を使っているシーンもあったが、主人公たちの乗る車はきちんと実車を使って、壊している。ある程度はCGも使っているのかもしれないが、全く違和感は感じなかった。

とにかくこの映画の見どころは大迫力のレースシーン。これだけで見る価値がある。
その分ストーリーは適当かと思い、身を入れて見てはいなかったが、こちらもどんどん引き込まれた。
2つのレーシングチームのライバル関係を軸に、兄のメカニックの東出昌大と、弟のレーサーの新田真剣佑の対立、そしてライバルチームのレーサーの北村匠海が優等生であるのに対して、真剣佑は不良掛かった野生児として描かれるなど、型にはまってはいるが、複雑なストーリーよりもこの映画には向いているであろう。

真剣佑は『ちはやふる』の新とは180度タイプの違う役柄だが、こちらの方が合っている。得意の英語を使うシーンも少しだけあった。

ヒロインのような役柄の森川葵は初めて見る顔だったが、とてもいい感じで、演技も上手い。今後注目である。
・・・と思っていたが、『先生!、、、好きになってもいいですか?』に出ていて、このブログでも以前褒めていた女優さんだった。とんだ健忘症である。
でもそのくらいガラッと変えた役作りをしていた。

映画の中のラリーシリーズでは、首都高を止めたり、世界遺産の合掌造りの目の前を走行していたりで、「そんなことあるのかな?」と思って見ていたが、やはり実際にはそんな場所では開催されていないらしい。


★★★★★
大傑作と思うが不入りは残念。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
初心者向け基本書籍
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR