FC2ブログ

水論

今日は市の公民館の歴史講座を聴いてきた。
下総歴史講座
「江戸時代の村と百姓」と題して、古文書から読み取れる同時の村の様子を話してもらったが、江戸時代は村同士の訴訟が非常に多く、古文書が残っているところには、必ずと言っていいほど訴訟の文書が残っているとのこと。争いの内容は境界争いと水争い。水論である。生活がかかっているから真剣にならざるを得なかったとのこと。真理であろう。
今は「土地改良区」によって用水が整備されて、水論どころか役員選挙ですら投票になるとは聞かない。

水論の二村残るは一農家


夜は家族で回転寿司に行ったのだが、私がダイエット中なので、それ用のメニューのある「くら寿司」にした。
こんな「シャリぷち」という、シャリが半量のメニューがある。
こはだシャリぷち
これは小鰭。残念ながら季語は秋だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
初心者向け基本書籍
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR