FC2ブログ

天空会例会

この前の日曜日、17日の月例吟行会は休日出勤になってしまって参加できなかったが、その代休で今日は休めて、午前中は息子の中学の卒業式、午後はここ数ヶ月出られなかった天空会例会に顔を出せた。

天空会の成績はまずまず。


息子の卒業式は、年頃なのだろうが、親と目が合っても無視を決め込んでいた。
1903中学卒業

親の顔見ても無視して卒業す

私の住む地域では大体、幼稚園・保育園と小学校の卒業式は3月下旬、中学校が3月中旬、高校は3月上旬に卒業式が行われる。
高校の卒業式が早いのはわかる。進学や就職で遠方に行くことがあるからだ。住む場所を決めて引っ越しをして、となると半月では足らないくらいだろう。
なぜ中学も早めなのか? もちろん高校も親元を離れて進学する子もいるが、それは少数だし、基本的には寮などで、自ら住む場所を探すことはあまりないはずだ。(ハンカチ王子は数少ない例外である。群馬の中学を出て早実に進学し、兄と同居していた)
以前から謎だったのだが、今日ふと気がついた。昔は集団就職などで中学を出て親元を離れる子が多かったからであろうと。

昔、といっても半世紀ほど前は今の息子の年齢で一人前の社会人になる子が多かったと思うとある種の感慨がある。
試験が終わって以来遊び呆けている息子に、「今日から自活しろ。働け」などと言ったらどんな顔をするだろうか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
初心者向け基本書籍
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR