FC2ブログ

昼寝

一番の娯楽は夢や三尺寝

最近、最も素晴らし娯楽は「夢を見ること」なのではないかと思うようになった。何といっても全くコストがかからない。

例えば、読書でいえば、私の家から徒歩10分ほどのところに市立図書館の分館があり、本館から(あるいは県立図書館から)の取り寄せを考えれば、個人句集以外はほぼ何でも揃うが、読むためには「時間」というコストを払わなければならない。村上春樹の、あるいはドストエフスキーの長編を読む時間を句作に当てれば何十句モノにできるか。

「美食」も趣味(?)の一つであったが、食べに行けば金銭を(あるいは時間も)消費し、食材を厳選して自作する場合は金銭と時間のコストが逆転するだけであり、また、場合によっては「健康被害」という大きなコストを強いられる場合もある。

「健康」ということであれば、このご時世「運動」が考えられるが、スポーツクラブに高い金をかけるのは論外としても、散歩やジョギングは時間コストを考慮に入れても「句作のための吟行を兼ねて」と考えれば選択肢としては悪くない。(句作に関しては少なくとも時間を惜しむ考えはない)
そう思って、一時は熱心に散歩やジョギングもしてきたが、自宅をスタート地点としたら、既にコースと季節は味わい尽くして、新味に欠けるようになってしまった。(荒天時に出かければまた別だろうが、それを試す気はない)

色々考えると、「睡眠」という生活に欠くべからざる時間の範囲で楽しめて、もちろん一銭もかからない「夢を見る」ということは、娯楽としての「王様」なのではないか。
もちろん、「楽しめる夢」を見られるか否かは寝てみなければわからない、また悪夢を見るというリスクは常につきまとうが、ここ最近(気づいたのは半月ほど前から)、「一炊の夢」ほどではないが、かなり高確率で楽しい夢を見ることが出来ている。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
初心者向け基本書籍
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR