専門俳人を目指しています。俳句評論執筆のための文章修練、及び俳句実作。厳しい批評をお待ちしております。

# 二十四節気俳句生活

# 日本の医療くらべてみたら10勝5敗3分けで世界一



日本人に根強い「医療不信」に対するエクスキューズとして書かれた本書。
先ず冒頭、癌の手術後の5年生存率の国別比較により、日本がかなりの分野で世界一であることが示される。

そしてその後、18の角度から日本の医療について、世界、ここでは他の医療先進国、アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・スウェーデンの5ヶ国との比較がなされている。
単に医療技術や保険制度に限らず、薬や介護についても比較されている。

日本と比較されることの多いアメリカの医療は、国民皆保険制度がなく「金持ち優先」となっていることはよく知られているが、最先端医療の研究が進んでいる理由はそのことだけではなく、無料であるが自己責任で安全性の確立していない治療法の治験を受けられることも理由の一つであるということ、またイギリスなど個人負担のない医療制度の国は、薬局と看護師に相談してからでないと医師による診断が受けられないなど決して医療が身近とは言えないことなどが、著者の豊富な経験に基づいて語られている。

結局のところ日本の医療制度は、中程度の負担で準高度医療の受けられる制度であり、誰でもある程度の高度医療の受けられる「世界でもっと公平な」国であると結論づけられている。

また、それは日本の医師の高負担により支えられていること、高齢化と医療費増大など問題点についても触れられている。

ご興味がありましたら是非お読み下さい。オススメです。

★★★★★

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

# 「天穹」5月号鑑賞(3)

赤紐のスポーツシューズ青き踏む  藤栄誠治郎

「赤紐」と断っているということは靴の本体は赤ではなく別の色(例えば黄色)、また「青き踏む」といっても実際には緑か黄緑、更にいえばまだまだ枯れ草も多い状態であろう。色々な「色」を想像できて楽しい。

寒鰤や家持の憂さ癒しけむ  塚本一夫

家持が赴任していた時代から越中が寒鰤の産地だったかはわかりませんが、時の政変に翻弄されつつも政治家として、また歌人として名を残した家持と、出世魚である寒鰤が響き合っているように思います。

啓蟄や弱気はげます万歩計  鈴木優子

ついつい億劫になってしまう運動も、例えばウォーキングであれば万歩計の数字が増えていくことで「励まされている」気がします。万物が動き出す啓蟄ならではの句です。

子を膝に子育て論や雛の客  佐藤俊童

「正解はない」と言われる子育て。経験豊富な年配者か、はたまた今流行りのイクメンか、客の一家言を聞き流しているようにも読み取れます。

墨堤に居並ぶ膝や桜餅  大町千枝

隅田川沿いにある長命寺、桜餅を買った側から墨堤に座り、川を眺めながらいただくのは気持ちのいいことでしょう。


(以上、「風韻」欄よリ。)

# 「天穹」5月号鑑賞(2)

天帝へ何告げゐるや揚雲雀  菅原研吾

お喋りな雲雀、人間でお喋りな人には秘密の話は出来ませんが、この雲雀は誰から何を聞いて天帝にご注進に行ったのでしょうか。

飛梅や任地に妻の文を待つ  屋内修一

現代的に考えてみると、南国に赴任したご主人、故郷では咲いていないであろう梅のほころぶ写真を撮ってLINEか何かで妻に送り、その場で返事を待っているかの景が見えてきます。

隠沼に差し込む光竜天に  山本玲香

光が差し込むのですから森の中の隠沼でしょう。まさに竜が登っていく光景に思えます。

人の来ぬ電話ボックス春一番  村井郁子

ポツンと立っている電話ボックス。吹きさらしに隙間から砂埃も入ってきそうです。携帯電話が普及しても緊急時のために今でも一定間隔で配置されていますが、春一番の吹く日には使う人があるようには思えません。

嚔やしあはせ過ぎも落ち着かぬ  福井まさ子

何かよほど良いことがあったのでしょう。天にも登る気分の中で一つの嚔、現実に引き戻された瞬間だったかも知れません。

吾を踏めと声聞こえさう絵踏板  前田勝洋

不本意ながら絵踏を行った隠れ切支丹は、イエスやマリアの慈悲の心を信じて踏んだのでしょう。場合によっては「吾を踏め」と絵が信者に語りかけて来たかもしれません。


(以上、「風尚」欄よリ。)

# 「天穹」5月号鑑賞(1)

剪定師小はぜきちりと大使館  佐々木建成

イタリア大使館が有名ですが、日本庭園をしつらえている大使館があります。中で働く植木職人はもちろん日本人、とも限りませんが日本庭園の職人なので地下足袋を履き、見るからに仕事ができそうで庭の一部にもなっています。

淡雪の東京駅が深呼吸  福田龍青

今年は三月まで雪が降りました。淡雪に覆われた東京駅が「深呼吸」しているという見立てはなるほど。吐いているのではなく吸い込んでいる状態に思えます。

朧夜の鍵穴に鍵うろうろす  野間しげる

闇夜もあるのですから暗くて見えなかったわけではなく、朧月に見惚れていたか、物思いに耽っていたかと思われます。

散らかして不落の牙城春炬燵  安江利子

何でも炬燵の上や周りに必要なものを置いておくと、春になる頃には難攻不落の城になる。ご自分のことでしょうか? 俳諧味を持たせています。

軒先に密漁といふ和布干す  山口美智

私も時たま千葉の海で和布拾いをやりますが、何といっても刺身が美味ですが大漁であれば干すのももちろん良いですね。
千葉では刈り取らなければ、拾うだけなら密漁とはなりませんが、全国的にそうなのかは知りません。密漁と言いつつも堂々と軒先に干しているのがいいですね。

何の咎あつて連座の目刺かな  籠田幸鳴

何とも思わず食べてしまいますが、目を刺されて吊るされるとは考えてみれば残酷です。「連座」が面白いです。


(以上、主宰詠、「風悠」欄、副主宰詠より)

# 黄金週間

ゴールデン・ウィーク、どこにも行かないのも寂しいので、日帰りで銚子に行ってみた。

ちょっと甘く見すぎていた。
目当てのレストランは12時前で既に大行列、主要道路はどこも渋滞、写真の犬吠埼灯台はバルコニーに人が溢れていた。
DSC_0848.jpg

磯遊びと買い物だけ少しして早々引き上げた。

春惜む潮の香りの未だ淡く

# ルポ 塾歴社会


サブタイトルに「日本のエリート教育を牛耳る「鉄緑会」と「サピックス」の正体」とある。

中学受験、特に最難関校の合格者の半数以上が出身のサピックス、そして首都圏・関西圏のいくつかの最難関校に入った生徒の多くが鉄緑会に入り、東大や難関医学部を目指すという。
両者の特徴は、それぞれ膨大な量の宿題が出されることのようだ。
受験に特化した大量の問題を解くことが、合格に繋がるメソッドになっているという。
しかし、本書を読む限り、宿題をこなせず潰れてしまう子供がいる一方、難なくこなすタイプは難関校に上位で合格するのだという。
評判が評判を呼んで、この二つの塾にそれぞれの年代の学力トップ層が入塾することこそが、両塾が合格数トップを維持できる秘訣、裏を返せば「優秀な生徒を集めること」が最も重要であるように読み取れた。

いずれにせよ、自分とは(我が子も含めて)縁遠い世界を垣間見られたことはよかった。

縁遠いといえば、サピックスの母体ともいえるTAPで学生時代アルバイトをしたことがある。
講師などできる学力はなく、テストの監督や丸つけを担当していた。
今思えば、確証はないが、先ごろ投資家との結婚を発表した菊川怜がいたような・・・。

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

# 「天穹」5月号

「天穹」5月号が届いた。

掲載順位はまずまずだったが、嬉しいことがあった。

同人になっていない会員を対象とした「蛍雪集」という兼題の投句欄があり、ここは有力同人の方が持ち回りで選句して下さるのだが、今月号の「燕」という兼題で巻頭にしていただけた。
選者の方とはお話させていただいたことは多分ないので、今月下旬の全国大会にお出でになられたら御礼を申し上げなくては。

つばくらめジャンヌ・ダルクの火刑像

フランスでも燕を見かけます。街中では日本以上かも。ジャンヌ・ダルクの火あぶりの像のあるルーアンにもいました。

# 「まひる野」5月号

今月は「まひる野」が先に届いた。GW前に発送作業を終わらせてくれたのだろう。

今月は「5月集」入選。しかも7首選。
北朝鮮情勢が緊迫しているが、入選歌のうちの一首がこれ。

国号を替へて朝鮮軍事主義独裁君主国などいかが

# 春の叙勲・その2

早速あちこちの業者からカタログが送られてきた。
DSC_0833.jpg
高齢者を狙った悪徳ビジネスと言えなくもない。

とはいえ、考えてみれば結構なお金が動いている。
宿泊費、交通費、衣裳代、祝賀会代、記念品代。
全国で高齢者の貯金を吐き出させている(?)効能もあるのかも知れない。

カタログからとりあえず額だけ決めた。
DSC_0831.jpg
額は二十数年前、祖父がいただいた時のものと、だいたい同じものを注文した。

祖父の頃は「勲四等瑞宝章」という名称で、名称は変わっているが現在の「瑞宝小綬章」と同じものとのこと。

祖父、父と二代続けて叙勲されたが、私は貰えそうもないので、皇居に行くには「歌会始」に入選しなければ。

来年の勅題は「語」。そろそろ作り始めよう。

# 春の叙勲

昨日の褒章に続き、今日の新聞では叙勲が発表され、私の父も「瑞宝小綬章」をいただけることとなった。
DSC_0828.jpg

父は新聞の地方版に載っただけであったが、全国版にはウチの会社の元副社長と、俳人の戸恒東人氏のお名前を見つけた。戸恒氏はこのようなお仕事をされていたのかということがわかった。

# プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年、俳句結社「天穹」入会。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

# ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!

# 最新記事

# カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 初心者向け基本書籍

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR