専門俳人を目指しています。俳句評論執筆のための文章修練、及び俳句実作。厳しい批評をお待ちしております。

# 二十四節気俳句生活

# 「吟行行くでしょ?」

朝、いつものように成田空港行きの通勤電車に乗って、立って「俳句」誌を読んでいると、真後ろから(私よりは)若い女性の声で「吟行行くでしょ?」と同行者と話している声が聞こえた。

(もし有名俳人だったら「俳句」誌を読んでいるの恥ずかしいな。でも降りる時にちらっと顔は見ておこう)

などと考えていると、「・・・保安検査前に・・・」「・・・両替・・・」とも聞こえてきた。
つまり「吟行」ではなく、両替所の「銀行」に行くという話をしていただけだった。


レーダーのぐるぐる廻る麦嵐

# かき氷

天気も良かったので、ダイエットも兼ねて筑波山に登ってきた。

女体山山頂から
女体山山頂からの眺め

弁慶七戻り
潜るのに弁慶が躊躇って7回戻ったという「弁慶七戻り」

山小屋に泊まるような登山はやったことはないが、日帰り登山は足が速い方で、コースタイムよりずっと短時間で登れるのが常だったのだが、久しぶりのせいかすぐに足が上がらなくなり、90分のルートが95分もかかってしまった。

バテたわけではなかったのだが、ダイエット中は厳に慎んでいた「かき氷」を山頂の茶店で食べてしまった。

男女川の源流の上かき氷
下山して頂上見つつ心太

# 天穹 6月号

「天穹」6月号が届いた。

掲載順はあまり良くなかったが、今月は、今年から同人にしていただけたためか、句評のページの原稿を頼まれている。
同人になっていない方の掲載ページから好きな句を何句か選んで評を書くのである。初めてなので気合が入っている。

このブログでは、いつものように主宰以下幹部の方々の句より。


迷ひ込む路地や葉牡丹茎立てり  佐々木建成

私も参加した吟行会での句。よく言われることに、「吟行に参加している人にしかわからない句は、吟行会だけのもの」などと言われるが、この句は吟行を離れても完全に成立している。
実景は佃島であるが、他の下町のどこかでも、京都でも成立する。


啓蟄の土塀に熊手立ち並ぶ  野間しげる

何の作業のための熊手かわからないが、私には大変に実感が湧く。啓蟄の頃は芝の手入れを始める時期、熊手で芝の枯れ葉(サッチ)を集め、根切りやエアレーションを行い、最後に目土(私は川砂)を入れる。今年はサボったので雑草が生え始めている。


噛む程に田の香の滲む田螺和  籠田幸鳴

小さくとも栄螺にも匹敵するような田螺の歯応えを「噛む程」の措辞で上手く表現している。「田の香」は泥臭さか? 少しであれば懐かしい香りである。


故郷を出で来し位牌草の餅  屋内修一

後継者がいなくなった生家の位牌を引き取ってきた。もしかしたら墓仕舞いも。少子化で、今後は当たり前となる光景であろう。「草の餅」は故郷の懐かしさを感じさせる。

# メール句会

天穹有志で行っているメール句会の結果を送っていただいた。

点盛りは3位と好成績であったが、自信のあった句に点が入らず、そうでもない句に入ったりして、いつもながら自選の難しさを感じている。

それはそうと、今年も角川俳句賞に応募した。(今朝投函した)
今回のメール句会の結果はよかったが、その他の結社の句会の成績も、普段からあまり良くない私が角川賞を取れるとも思えず、今年の目標ももちろん「予選通過」なのであるが、考えてみれば、もし角川賞を受賞できるくらい実力をつけたとしたら、結社の句会の成績も常に上位になるのだろうか? もちろんそんなことはあるまい。
今月の「俳句」誌にも、今井聖さんが主宰自ら無声となったエピソードが書かれていた。(よくぞカミングアウトして下さった。勇気づけられた人がどれほどいるか)
とはいえ、角川賞を受賞するくらいになれば、句会でいつも低調ということもない筈である。

普段から句会の成績には一喜一憂しないように心がけてはいるが、それでも数回に一回位は上位に顔を出すようになれば、それなりに実力が付いてきたということになるのだろうか。

# 「俳句」 6月号



「俳句」6月号が届いた。
表紙の顔写真は宮部みゆき氏。
俳句をタイトルとした短編小説集の小冊子が付録として付いている。
宮部みゆきは私も好きだし、俳句をやらない家内も好きなので、かなり得した気分。


浜仕事開花落花にかかはらず  西村和子

若布干の2句の次の句。忙しい時期なのだろう、開花してすぐ落花してしまう桜を楽しむ余裕のないさまをさらりと句にしている。

遠足の子らより婆の好奇心

子どもは大人より好奇心旺盛なもの、といういわば常識が通じなくなってきている。私の子どもたちを見てもそう思う。それに比べて高齢女性達のお元気なこと!


朝東風に煽られて買ふ金目鯛  井上弘美

旅先の非日常にどうしても財布の紐は緩くなる。そんな観光客が狙われる。海からの朝東風が吹けば、舞台設定もバッチリである。


食べごろを一日遅れ蕗の薹  伊藤敬子

蕗の「薹」とはいうものの、土から出たばかりの若いものが珍重される。一日遅れでももちろん食べられるが、天ぷらはやめて蕗味噌にしてしまおうか、などと思うものである。


夕方のきれいな眉や立葵  山口昭男

繁華街でこれから店に出る女性を詠んでいる。「立葵」だから花街の芸者・芸姑さんではなく、ホステスさんであろう。
あるいは作者と待ち合わせて、寿司でも食べてから同伴出勤するのだろうか。


卒業子とはかたまつてゐたるもの  仙田洋子

全くそのとおりでお見事というほかない。仲良しグループはもちろんのこと、普段はソロ活動の子どもも、この日ばかりは名残惜しく、帰り難い思いがする。


河鹿鳴く平家の谷の非戦論  山咲一星

日本全国ではあちこちにある平家落人の集落。河鹿の鳴くような場所にありそうであるが、平家に限らず、日本人全体がもはや「敗残兵の子孫」になりつつある。落人集落がそうであったように、日本人もいつまでも非戦論者であり続けるべきであろうか。

# 断酒宣言

現在、角川俳句賞応募に向けて、句稿を絶賛取りまとめ中である。

さて、一昨日までの天穹の夏の大会でも、ビールは最初の乾杯だけにしたが、今後一切、どうしても断れない時以外はお酒は口にしないこととする。

一番大きな理由は、酔うと句が作れなくなるから。(理屈の上では、俳句をやめたらお酒も飲めることになるが、俳句は百歳まで続けるつもりである)
「一日十句」を目標としていて、朝・晩と併せて十句作ることとしている(あくまで目標)が、お酒を飲んで帰ってきた日は一句も作れない。朝4句作っていたとしたら、夜6句作るノルマを達成できない。

もともとお酒は好きではなく、付き合いで仕方なく飲んでいただけなので、個人的には一向に困らない。

会社関係では無理強いされるような歳ではなくなったし、そもそも現在は「アルコールハラスメント」なる言葉もあるくらいで、よほどのことがない限り支障ないであろう。
もしかしたら、今後、俳人として活動していく中で支障が出るかもしれないが、お酒の全く飲めない俳人がいないとも思えない。


なぜ、夏の大会で飲まなかったかといえば、2週間ほど前から糖質制限ダイエットを始めていて、大会期間中も、ビールに限らず、糖質(ご飯、麺類、甘い物)を控えていたからである。
目標は2ヶ月で10kg。スタートが80.5kg、現在77.5kgなので、いいペースである。(これからペースは落ちると思われる)

ネットで検索した、ライザップの食事メニューを参考に、あれほど厳密にではなく、糖質制限をしている。先日の三島では、桜海老の釜飯だけはさすがに我慢できなくて食べてしまった。

拒食症にならないように、また糖質制限は長期間に及ぶのは良くないらしいので、70kgを切ったらリバウンドしないように気をつけながら、普通食に戻す予定である。(標準体重67.5kg)


そもそもなぜ、ダイエットを始めたかは、来月人間ドックを予約したからであり、昨年のドックは結果が悪く「特定保健指導」を受けていたからである。

昨年のドックの結果はこんな感じ。
 体脂肪率 基準値オーバー
 血圧  再測定
 ALT  基準値オーバー
 γGTP  基準値ギリギリ
 総コレステロール 基準値オーバー
 LDLコレステロール 基準値オーバー
 中性脂肪 基準値オーバー
 空腹時血糖 基準値ギリギリ
 尿酸値  基準値ギリギリ

見事に生活習慣病予備軍。ダイエット開始1ヶ月で結果の出る人間ドックの結果や如何に!? そしてその後の私の運命は!?

# 成田吟行千草句会

今日は5月23日の成田山開基1080年記念俳句大会に続き、成田山を吟行地に千草句会。
特選一席となって色紙を贈られた方も参加された。

2018成田山新緑3
新緑が美しい成田山の伽藍。

成田山大塔婆
明日までの大開帳の期間、「大塔婆」に「御手綱」が繋がれてる。

剣札守
大開帳の時だけお授けいただける「剣札守」。

醫王殿
開基1080年を記念して建立された「醫王殿」。ここにも「御手綱」ある。
本尊は薬師如来。高齢化社会にぴったり?

2018成田山新緑2 2018成田山新緑1
新緑の成田山公園。京都にでも来たかのようである。

また、成田山公園内の茶室「赤松庵」でお茶会があったので参加してきた。
201805不動茶会1 201805不動茶会2 201805不動茶会3

句会の方の点盛りもまずまず。指導者である清水舞子先生の選にも入った。

結願の善男善女寺薄暑


また、今日は私の49回目の誕生日であった。
家に帰ってから、家族に祝ってもらい、ネクタイをプレゼントしてもらった。

# 夏の大会

5月25,26日と「天穹」総会と夏の俳句大会があった。
少しづつやり方は変わっているのかも知れないが、吟行による俳句大会と、結社の年次総会が、全国の会員が集合しやすいように東海道沿線近辺で毎年開催されている。
私は昨年の大阪に続いて2度目の参加で、今回の会場は三島(宿泊は伊豆長岡温泉)。

吟行地は、
09三嶋大社本殿
三嶋大社と

05第2展望台湧水
柿田川湧水群。

特に柿田川湧水群は、関東の方でも「こんなところがあるとは知らなかった!」という声が聞かれましたが、私は3回目。
昨年夏に行ったばかりでした。

三島大社も何度か行ったことがあり、様子はよくわかっているはずでしたが、句会の結果は低調。
31看板

それでも、なかなか会えない方にお会いできて、とても楽しい2日間でした。

泉川富士より毎秒十四噸

# ラベンダー

今日は免許の更新に行ってきた。

左が新、右が旧の免許証。
このくらいの歳になると、5年では顔はほとんど変わらない。
2018免許

千葉の免許センターには、敷地内に献血ルームがある。
400ml献血したら、「献血感謝デー」とやらでラベンダーの鉢植えをいただいて来た。
ラベンダー
帰りの電車の中で良い香りが漂っていた。

ラベンダーの香り漂ふ四両目

# 成田山開基1080年祭記念俳句大会

成田山俳句
今日は成田山でタイトルの俳句大会があった。

選者は成田山の橋本照稔貫首のほか、星野椿先生、高濱朋子先生、星野高士先生、坊城俊樹先生という日本伝統俳句協会の先生方で、いわば他流試合となった。

なんでも、四代前の貫首がホトトギスの同人であったりで、虚子門との関わりが深いようである。

成田山公園内には虚子の句碑もあるのだが、これはちょっと作りが面白い。
虚子句碑成田
成田山が歌舞伎の成田屋・市川宗家と関わりが深いことは知られているが、七代目市川團十郎・六代目市川團蔵の銅像が戦時供出され、その台座の跡に虚子の句碑が建てられたとのこと。

凄かりし月の團蔵七代目  虚子

六代目團蔵の銅像があった所に、七代目團蔵の追善のため、八代目團蔵が虚子からこの句をいただいたとのこと。


また、通常の投句の他に、「献句」の用紙もいただいた。願い事を添えてお不動様に献ずるとのこと。
献句
句会は境内を吟行地とする嘱目・当季雑詠三句を投句するのだが、「献句」は今日投句する三句のうちの一句でもいいし、違う句でもいい、また今日作った句でないともよいとのこと。

私は献句用に一句作って献句した。
若葉風御手綱靡く成田山
「御手綱」というのは、開基1080年を記念して本堂前に「大塔婆」が建てられているのだが、そこにお不動様の手から繋がれている綱を握ってご利益を受けるものである。


153名が参加した句会は、選者の選だけであったが、星野椿先生に2句、橋本照稔貫首と坊城俊樹先生に1句づつ、並選に取っていただけた。

# プロフィール

鈴木霞童

Author:鈴木霞童
平成25年「天穹」入会。30年同人。
定年後に専門俳人になることを目指して修行中。

# ブログランキング

ブログランキングに参加しています。 クリックで応援して下さい!

# 最新記事

# カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 初心者向け基本書籍

# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# QRコード

QR